その3 考察すること

節目の誕生日ということで、あれこれ書いてみています。

「既知に囚われない」

という考えは、少し前からあったかもしれない。

本や映画、オペラなどを鑑賞した感想などを書かなくなったのも、今から考えれば、そういうつもりがあったのかもしれない。

自分の言葉の中に納まるところだけで考察していいのだろうか・・・・・と思うのだ。

「なんだかわかんないけど、なんだかすごいんだけど、なんだか~~~~うまくいえないけど・・・・・・」
というのは、言葉を知らないようではずかしいことだと思っていたけれど、

「その、なんだかって、なんだろう」・・・・と、いつまでも覚えていて、何度も思い出して、考えて・・・と、あたためて、いつまでもわかんないよ~と思っていてもいいかな、と思うのです。

すぐに、「あれはこうで、ああで、そういうことです」

なんて、言えなくていい。

「そこは、どうしてゆっくり演奏するんですか?  そこは、どうしてフォルテなんですか?」 

 「それは、そういうものなんだよ、、、そう演奏した方が、それっぽいでしょ?」

なんて、答えることのない様に・・・・。

わからないを楽しみたい。

そんなこんな、最近読んだ本の影響も大きいでしょう。単純だから。
読書日記も書いていないけれど、最近読んだ本は、

瀬名秀明    BRAIN VALLEY
浦坂純子    なぜ「大学を出ておきなさい」といわれるのか
外山滋比古  「読み」の整理学
木村 敏    あいだ
山田詠美    学問
白鳥晴彦   哲学は図でよくわかる

キムタクのドラマをみて、ああ、あれまだ読んでなかった。。とか、
外出先で時間が空いて、新聞で新作の記事読んだあれ、買って読んだり、
NHKの番組で、誰かが選んだ一冊だったり。。。。

幅広く、わかろうと、わかるまいと読んでいます。

あ~・・・だけど、どうしても読めなかったのは、ネグリの帝国・・・・これは難しすぎた・・・・挫折。

そして、昨日はポケモン映画見てきました!!
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/11723458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by saori-kitamura at 2009-08-15 00:31
そういえば、ちょっと前ですけれど、天使と悪魔を読んで、映画も見ました。
電車移動とお風呂でぐらいしか読めないので、半年の間で、読めてもこの程度ですね~・・・。もっと読みたいですけれど、音楽も聴きたいですしね、暗譜もしないといけないし、時間足りないですね。だからこそ、読書は面白いですね。
by saori-kitamura | 2009-08-14 09:12 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧