録音を終えて・・・その壱

無事・・でもなかったのですが、予定より一日遅れで鯵ヶ沢から戻ってきました。

これから数回に分けて、報告レポートをしていきたいと思います。

この数ヶ月、なぜだか、私の中でいろいろ想いがぐるぐるして、ひとり苦しんでいましたが、まさにこの録音が山場でした。しかし、この録音の経験によって、いろんなことが繋がって感じられ、何か、一区切りついたというか、新しいことが見えてきたというか、自分でも良くわかりませんが、とにかく「変わった」といった感じです。

良くわからないのです・・・・・・・・・でもわからなくてもよいのです。

わからないからこそ、考えたり、悩んだりすることができるのですから、それを楽しみたいと思います。

で、録音ですが、まったく想定外の出来事ばかりでした。

鯵ヶ沢という遠い、見知らぬ土地でひとり(夫は仕事が休めず同行できなかったので)、緊張にどっぷり包まれ、盲目的に、夢中になって、録音に臨みました。

この録音には、プロデユーサーはいません。だから、どんなCDにするのか、ピアノの平島誠也さんの協力を得ながら自分で考えて企画してきたわけですが、マイクを前にして、準備してきたものは一気にすっ飛びました。

今の私にできる限りの正しき発声と、正しき発音、歌詞や音楽の解釈とその表現を可能な限り声に託した、ライブでは成し得ない、ミスの少ない演奏を・・・・・・。
それができれば、私の良いところを聴いて貰える・・・・・・、そう思っていたと思います。

ところが、まったくそんな気持ちはどこかに行ってしまって、言ってみれば即興的で、私的で(演奏会を公的とすれば)、主体的・・・そんな歌を歌いだしました。

歌を届ける人は、ここにはいなくて、マイクの先の、未知のCDの先の、ちっちゃいプレーヤーに付いたイヤホンの先・・・・にいるかもしれなくて、なにも大きな声を出さなくても、私の歌に耳を傾けてくれているかもしれないし、電車の中でぼっとしてるかもしれないし・・・・・・そんなことも思ったのかもしれません。

私が好きな歌う場所はピアノの前。ピアノが声を響かせてくれるし、譜面台が声を跳ね返してもくれるし、弾けないのに弾いてるつもりになってるピアノの腕の動きは、身体をリラックスさせてくれる。

以前、譜読みは画集を開いている様であり、小説を読んでいるようであり・・・とお客様に語っていましたが、そんなひとりの時間を楽しんでいるかのように、歌っていました。

おなかから声を出しているのではなく、ハートから声を出していたような・・・・。だから、発声的には、クラシックの「正統」な域を出てしまっているものもあるかもしれません。

しかし、そのことに気が付いたのは、二日目の夜、最終チェックとして二日間の録音を聴いていたとき。
はっと我に返ったように、ああ~なるほど~と思ったのでした。


鯵ヶ沢での時間は、(列車やホテルの手配など準備の段階からそうだったのだと思いますが)、すべてが未知と緊張に包まれ、夜は眠れず、休憩や食事の管理(ホテルでの朝食以外、昼も夜もまともなものを食べずじまい)つまり体調管理もできないほど、どっぷりと、盲目的に、夢中になってしまっていました。
確かに楽しかったなあ。

リサイタルなみのテンションの上り具合。
「休みなさい」「食べなさい」「起きなさい」「眠りなさい」「もっとこうした方がいい・・・」と、客観的に命令してくれるマネージャー(つまり夫)がやっぱり必要だったのかな・・・・・という反省。

もっと、落ち着いてやり切れると、過信していました・・・・・。

でも、それほどに夢中になって、鯵ヶ沢というとてつもなく遠い土地での現実離れした時間の中で、出てきた「わたし」というのも、なかなか興味深いのではないでしょうか。

これから編集作業があったり、ジャケット撮影があったり、まだまだ完成には、いくつもの乗り越えるべきものがありますが、こうなったら楽しんで行こうと思っています。


最後に、これから編集なので、後日録音を落ち着いて聴くことになるのですが、ぶっ飛んで・・か、どっぷりはまって・・・か、わかりませんけど、とにかく別世界に行ってしまっていた私を、それでもしっかり「歌曲」の世界に結び付けてくれていたのは、平島誠也さんのピアノのお陰だと感謝せずにはいられません。

b0107771_10365487.jpg
b0107771_10372244.jpg
b0107771_10374438.jpg


スタジオ・リリックの加藤社長と高橋君。そして平島誠也さん。
私の一種狂乱的わがままを黙って見守り続けてくれました。


では、明日からは、旅日記。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/11833463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by masako at 2009-09-06 21:05 x
CD出されるんですか!?\(^o^)/
さおりさんと平島先生の元気なお姿を見て、がんばろう!と思いました♫来週は音コンの伴奏で東京へ行くのですがとんぼ返りになってしまいそうです(ToT)
Commented by saori-kitamura at 2009-09-07 07:36
音コンの伴奏!!残ったの??あの激戦のなかを?すごいね、がんばって。
CDできたら、聞いてね~。ボーナストラックってのもあるんだよ。お楽しみに。
Commented by masakopf at 2009-09-09 00:09
まだこれからなんです(^◇^)クラリネットの伴奏なんですが難しい課題ばかりですごくいい勉強になってます♫

ぜひぜひ遊びにきてくださいね☆いつも通る道に(梅田なんですが)八王子行きの遠距離バスのバス停があって「これ乗ったらさおりさんとこ遊びに行けるんだな~」と思っていつも前通ってます(^m^)

CD屋さんに行ったら買えるんでしょうか?
楽しみにしてます♫

ぜひマイブログお願いします☆ミ
Commented by saori-kitamura at 2009-09-10 08:42
歌じゃなくてクラの伴奏ね~。マルチに頑張ってるね。すばらしい!!とにかく、二人で頑張って!!

マイブログありがとう。

CDは販売はアマゾンのみなんです。自主制作ですから・・・。
なんだか、思ったように歌えてなくて、くじけそうですよ。

ホール録音のCDをどういうスタンスで取り組むのか・・・・わかってなかったなあ~。やってみて始めてわかることばかり。もう一度やりたい!!
by saori-kitamura | 2009-08-30 22:25 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(4)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧