煮込み、もしくは醗酵

先日久しぶりにCDに収録した曲の伴奏合わせをしました。

昨年は、世間もそうでしたけれど、私も心も体も頭の中も「ぐわんぐわん」な1年で、特に8月の誕生日、レコーディングをしていた頃がピーク。その後だんだん楽になって、切り替えもうまく行っているのですが、ぐわんぐわんの頃に計画したことや、ずっと継続していることは、この頃の影響を受け続けてしまうものもないわけではない。
大変な8月だったと、しみじみ思います。

でも、真っ只中の本人は、一生懸命「うまくいかないこと」に向き合って頑張っていたんですけれど・・・・・。


そんな中でCDに収録した曲、たくさん練習しても(しているつもり)、なかなか思うように歌えなかった曲たちが、


久しぶりに歌ってみると、するする~っと、喉を通って歌詞が流れて出てきます。

何か、心と喉につっかえていたものが取れた感じです。

歌うということは不思議なものです。



いよいよ今度の日曜日が喫茶店でのサロンコンサートですが、

きっと、CDの演奏とは、また違ったわたしの歌を聴いていただけると思います。

どっちの演奏が良いかって言うことではなくて、苦しんで生み出した演奏も、流れ出るような演奏も、そのときの大事な私なんです。





時間っていうのはすごいものです。
時間をかけるって、贅沢なことです。
変化って、パワーも大事だけれど、時間も重要な要素ですね。

ところで、出来立てのカレーも香りがよくて美味しいけれど、翌日のカレーはまろやかで、これまた美味しい。
あなたはどっちが好き???
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/12743276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2010-01-28 10:39 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧