前期終了

今年度の前半の仕事が終わり、夏休みとなりました。
日曜の合唱でのふがいなさを引きずりつつ、月曜は補講のためJ大へ。

歌の勉強をしてきて、自分で成長の手ごたえを感じる時期というのが、これまでに何度かあった。

声がなぜだか出るようになった、音楽が今まで以上に体感できるようになった、練習が楽しくなった、などなど。

生徒達のそんなときを見逃さず、どんな時期に、どんな曲をレッスンするか、教える者の責任は大きい。

いまだ!!!っと大きい曲に挑戦させてみる。乗り越えなければならない壁にはじめは歯も立たない。1ページも進まない厳しいレッスンを何度も繰り返したけれど、その間、腐らずしっかり自分でも練習してたのね・・・・今期最後のレッスンだから、一曲通して歌わせたら、暗譜もしていて、はじめの1ページで訓練した技術をしっかり身に付けていた。おおお~~~と感動してしまった。

大きな成長を遂げる大事な時期を預かっているのだなあ・・・・と、改めて実感。ほかの生徒達も、それぞれ各々の課題を克服しつつ、確実にレパートリーを作っている。

皆私のところで勉強するのは数年のことだけれど、その後の音楽活動のあり方も左右する大事な期間だと、先日の発表会で大きく成長した姿を見せてくれた生徒達からも感じたばかり。

良い生徒たちに恵まれている。後期も楽しみ。


夏休み最初の週末はお祭り。長女は土曜日に吹奏楽フェスタ、次女は町内のお祭りで日曜日に合唱発表会。そして私も日曜は合唱祭。年に2度ぐらいはこういう日がある。今回は次女の演奏が聞けず残念だった。

そして、昨日は長女の部活のコンクール。
日ごろの部活動では、生徒同士の温度差もあったり、技術の差があったたり、顧問やコーチなど多くの人との関わりもあり、音楽だけでなく人間関係も学びながら、ついにやって来たコンクール当日。喧嘩したり、文句言ったりしていても、皆で力を合わせ気持ちをひとつにしないと良い演奏はできないよね。これぞ部活動!!

先日の自分のふがいない演奏を考えると、ひとりもソロも落とさず、皆よく頑張りました。結果は期待していたゴールドには届かなかったけれど、精一杯良い演奏が出来たと思います。

こうして、育っていく若い人達を、私もかつてはそうしてもらったように(え~と・・いまでも多くの方に応援してもらっていますが)応援していく立場になってきたんだなあ~~と思います。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/13671905
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2010-07-29 15:08 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧