新聞を読んで・・

デジタル教科書。。。。ですか。

ペーパーレスの時代ですが、疑問に思うこと沢山。

子供達も授業で調べ物をしていて、先生が「お家に帰ったらパソコンで調べておいで・・・」とおっしゃる。調べ学習は手間も時間も掛かるからわからなくもないが、学校でもっと辞書や辞典、図鑑など、本の活用、図書室の活用方法を教えて欲しいと願う。

国語辞書だって本当は何冊か見比べたいところ。その意味を教えて欲しい。

そこから、表現力、文章力だけでなく、ページの見やすいレイアウトとか、構成力とか、編集力とか・・・、知らず知らず身につくことも多いはず。それが将来大人になってから仕事に生かされ、趣味に生かされていくであろうになあ・・・・。

音楽もしかり。CDを買わない。動画サイトで聴きたい曲をいろいろ発見できるのは便利だけれど、どうも、はじめからネットを使っている世代の人たちは私たちの感じる便利とは違うようで危機感がある。

ネットで聴いた演奏が、誰の、いつの、どんな状況での演奏だったのか・・・・あまり気にせず、ただ音源として聴いてくる。その曲がどんなCDの、またはどんな演奏会のどんなコンセプトで演奏されたものなのか・・・なんてところまで知る由もなく。

どんな曲か、パッと検索、たまたまヒットした曲をパッと聴いて、はい、わかった・・・おわり。
でもそれが当たり前だと思っているので、彼らは悪くない。だから教えないと・・・。


ネットの画面上で論文を読むなど到底無理である。プリントして活字にしなければ頭に入らない。時にアンダーラインを引き、時に付箋を付け、何度もそのページを開き読んで、推考を重ね生まれてくる自分の考えを大事にして欲しい。
論文を読めとは言わないが、本の一冊ぐらいは読んで欲しい。その手間を惜しんで、パッと検索だけではレポートは書けないと思うのだが・・・・・。

じゃあ、私のブログは何なのか・・・・。所詮、ブログなのである。
瞬発力は抜群だけど文字としての重みはほぼゼロである。お喋りと同じ。こころには残るかもしれないけれど。

それをレポートの参考文献にはできないよ!!

ネット上でも、信憑性のあるものと、瞬発力だけのものと、読み分けないと混乱させられてしまう。


などど、きょうも新聞を読みつつ思う。

もうすぐ後期が始まるので、授業準備のネタ探しアンテナが、いつも頭の中に立っているのだけれど、こちらの期待したような結果が返ってこないのは、ネット時代に成長した学生と、アナログ世代の私との大きなギャップが原因かしら・・・と思うこの頃である。


授業力を身に付けたい私である・・・・こんな愚痴を言っている場合ではない。
一般教養を実のあるものにするのは専門の授業より難しいが、やりがいのある仕事だと思う。


今年も楽しみ。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/13920547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2010-09-04 12:53 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧