ダナエのお稽古の様子

いよいよ劇場入り。
今日はオケ合わせ。

本番が近づいてまいりました。
たった1回きりの公演、緊張しています。


皆さま、予習は進んでいますか?

復習したくても、資料も少ないこのオペラ、次もいつだかわからない、そんなこのオペラ。
しかし作曲家は歌曲や他のオペラは人気も高く、演奏の機会も多いリヒャルト・シュトラウス。その晩年のオペラだけあって、彼の生涯が詰まっているようなオペラです。この作品を知ることによって、きっとシュトラウス作品との関わり方も変わってくると思います。

わたしもそう感じています。
来春にシュトラウスの歌曲ばかりのサロンコンサートの予定があるので、今から楽しみです。




せっかくですので、皆さまも、これを機会に、色々と調べてみてくださいね。

ダナエを満喫いたしましょう!!

憧れの佐々木さんと同じ舞台で歌えるなんて、本当に感激。
稽古場では気さくに話しかけて下さる優しい方なのですが、わたしの方が緊張して、いまだにシドロモドロで、、、。

佐竹さんは、朝倉先生のあとを引き継ぐ英米歌曲の大家。身近で尊敬する先輩と同じオペラの舞台にのれるなんて、安心ですし、嬉しいし。

クサンテ役の佐竹さんのブログ。
http://blog.goo.ne.jp/naomi1222/e/21d9d652349c04a49f46fd1fe4f0d304




深作さんの新しいインタビュー記事。
深作さんはいつも笑顔。監督って怖くて難しい、、、ってイメージがありますけど、深作さんは優しい♡
http://classical.eplus2.jp/s/article/426698577.html

だちょんくんのブログも続編が更新されています。
高田くんは学部のひとつ下の後輩。門下合同の合宿に一緒に行ったり、ダンス部で一緒に踊ったり、、、。いつの間にか立派な中堅オペラ歌手、皆をリードしてくれています。(懇親会の手配とか!)
頼りになります。
http://yaplog.jp/dachin55/archive/590


チケットぴあ
http://md-news.pia.jp/pia/news_image.do?newsCd=201509250007&imageCd=5


チケットをお求めでない方はぜひご検討ください。チケットは私までメッセージでご連絡くださいませ。

[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/24934954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2015-09-26 11:02 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧