きれいになれ!!

今日も、魔法の手を持つ姉の自宅へ、美顔マッサージとヒーリングを受けに行ってきました。
今日で3日目の施術。ちょっと表情が柔らかくなったかしら?

顔にはどうしても心が表れてしまうもの。美しさが損なわれ、表情が崩れるのは心が原因の場合も多いのではないでしょうか。

口角が下がって、目が細くなり、眉間にしわがよる。そんなときは、首をすぼめて肩が上がり、あごも前に出て姿勢が悪くなりがちです。

または逆に、頬が上がり、目がパッチリ大きく開いてきらきら輝いている時は、体も軽く、首はすっきり上に伸び、デコルテの部分も美しいラインを描くものです。

顔と心を一緒に美しくしようという試みは、とっても的を得ていると思うのですが、いかがですか?まさに、真から美しく!ですね。

ヒーリングとは・・・私もまだめぐりあったばかりですので、うかつには説明できないのですが、簡単に言ってしまえば、「生命エネルギーを心地よいように整える」作業のように思います。生命エネルギー・・つまりは「気」ですよね。ネガティブの方向に傾いていれば、それを取り除いてもらう。だけど、自分の気は自分でしか生みだせないので、結局自分で自分の状態に気付かなければいけないのだと思います。私も今はまだ、自分のエネルギーも十分かんじることができませんが、ちょっとの練習で習得できるとのこと。「気」は私達のさまざまな瞬間に無意識にも使われているけれど、意識しようとすると、かえって難しく感じます。そして自分でコントロールするのもなかなか難しい。例えば緊張・・・・。

実は、これまで歌の勉強のなかで、何度もその壁にぶち当たってきました。ドイツでもそう・・・・・。歌は、技術ですが、イメージが大事なのです。「頭のてっぺんに響かせる」とか「お腹から声を出す」とか、皆さん普通に使ってますけど、この言葉から、全ての人が同じ筋肉を同じように使っているでしょうか。本当に頭のてっぺんは響いているのでしょうか。頭のてっぺんが響いている人の声を聞いたら、聞いているの人の頭も一緒に響くのでしょうか?

言葉を伝えるって・・・・どんなことでしょうか?素敵って?感動って?共感って?・・・・と、考え始めると切がないのですが、考えるより、やっぱり感じたい。感じればわかる!!
感じたい!だから音楽が好きなんだし、詩を読むのがすきなんだし、絵を見たり、本を読んだり、映画見たりしたいんですよね。

日独リーダークライスの講習会で呼吸法のレッスンを受けました。まさに「感じる」「伝える」ための訓練でした。(詳しくはまたの機会にご紹介します。)
いくら偉い大先生の言葉を頭で理解して、暗記したとしても、頭の中で映像としてイメージもできたとしても、正確に体が反応しないと意味がありません。そのためには、まず本当に感じないと。

お腹で支える・・・と、言われたら、お腹を感じる


気持いいを感じる・・
悲しいを伝える・・

きっとみなさんもできます。すでにやっています。だけど・・・・・もっと、もっと感じたいし、伝えたいからそんなことを、これから勉強してみようかな・・・と思っています。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/5722476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリーブ at 2006-10-16 08:21 x
心と体がつながっていることは、最近特に痛感させられています。特に表情について。中年は自分の老化を受け入れ、子離れ(実は子供を自立させることがとても難しい時代のよう)や親の介護など、いろいろな難題に向き合わざるを得ないのです。私も正直、疲れています。
by saori-kitamura | 2006-09-20 19:59 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧