ケイモンカイ

馨門会コンサートが無事終了いたしました。

とっても、あったかなコンサートでした。

金内先生の追悼・・といっても、思い出に浸る演奏会ではなく、今の私達を先生に聞いて頂く、そしてお客様にも聞いて頂くコンサートだったと思います。

私は前半のソロの演奏しか出演しませんでしたが、後半に川口耕平先生の新しい作品を取り上げたことが、そのことを物語っていたと思います。金内先生も知らない作品。。でもきっと、まだお元気でいらしたら、必ず馨門会に取り上げた作品に違いない。先生のご遺志を継いでいます!!そんなメッセージを送っていたと思います。

でも、私が歌った曲「くちづけ」は金内先生との思い出の詰まった曲で、短大2年後期試験に歌ってから、馨門会のコンサートで度々歌ってきた曲。コンクールで歌ったこともあったなあ・・・・・。長年歌ってきた曲、お蔭様で「18番」と言える曲となりました。心を込めて歌いました。

楽屋で写真を撮るチャンスがなかったので・・・・・舞台写真が届いたら、その時アップします。

聴きにきてくださった方々、ありがとうございました。

さて、次は名古屋。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/5831893
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリーブ at 2006-10-16 07:44 x
聴きに行けなくて、残念でした。いつか”くちづけ”が歌われるときには、このことを思い起こしながら聴いてみようと思います。楽しみです。
by saori-kitamura | 2006-10-08 23:09 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧