ご案内状

郵送用のご案内。「小さき花の詩」に来てくださった皆様にも。

ご案内

謹啓 皆様におかれましてはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。
1年間の文化庁在外派遣研修を終え、ベルリンより帰国いたしました。現在は家族と共に日本の秋を満喫しております。
さて、同封チラシのとおり演奏会を開催致すこととなりました。
プログラムには、シューマン夫妻によるリュッケルトの詩による歌曲集「愛の春」抜粋、R.シュトラウスの作品からは、静かな感動を与えてくれる「詩人の夕べの散歩」「森のしあわせ」、リルケが贈った詩に(詩人へのささやかな返礼)という賛辞をつけてクシェネクが発表した作品「ラクリモーザ」、ポーランドの作曲家シマノフスキー「ジェームス・ジョイスによる7つの歌曲」、メノッティ自身のテキストによる歌曲集「別離の歌」など、音楽的にも文学的にも難しい作品に、未熟ながらも精一杯取り組んでいます。
ピアニストには、芸大の同級生であり、ベルリンをはじめヨーロッパにてコンチェルトや室内楽での活躍も目覚しい村田理夏子さんを迎え、私達2人の新しい音を模索しています。
つきましてはご多忙中とは存じますが、ぜひともご来場いただきたくご案内申し上げます。当日皆様にお会いできますことを楽しみにしております。
敬具
平成18年10月吉日    
北村さおり
「小さき花の詩」
http://saokita.exblog.jp/
                  


お問い合わせ・チケットお申し込み
マネージメント(株)ベンチャー・アカデミア
045-363-9250
nozawa@v-academi.jp

もちろん、当ブログでも受け付けます。非公開のコメントで御申し込みください。郵送ご希望の場合は、お名前、ご住所をお願いいたします。当日受付にてお引渡しをご希望の方は、お名前をお願いいたします。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/5921575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 0リーブ at 2006-10-31 08:28 x
おめでとうございます!!銀座に出かけるなんて半年ぶりになるかしら?今から楽しみにしています。コンサートは、夢見心地になれることでしょうね。
by saori-kitamura | 2006-10-24 12:06 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧