昨日の続き

いよいよなので、予定がリハーサルしか入ってない。いつもなら庭の手入れでもしている午前中、でも、今日は、のんびりテレビ・・・ごろ寝・・・読書。夜もなかなか眠れない。なので、筆が進む。


伴奏をしてくれるピアニストはたくさんいるが、私がパートナーとして一緒に演奏したい人は少ない。理由は昨日の通り。ただの「便利屋さん」(非常に失礼なたとえだが・・・)とは、ただの仕事のお付き合いで十分。プライベートな演奏会で、一緒に何かを作り上げたいと思うピアニストは、技術だけでなく、感性だけでもなく、相性だけでもなく・・・・・なんでしょうね、限られてます。

でも、ピアニストをただの「便利屋」にしてしまうのは、多くは歌い手が悪い・・・・・時もある
(ちょっと弱気。それに只者ではないすごいピアニストもいるのです!おどろくことに。このプロ中のプロの方達には便利屋なんて失礼!・・・・もっと素敵なネーミングを差し上げなければ!)。それに、歌といっても、分野が広いので、オペラのコレペティとしては超一流だけど、リートの音は出せないとか、繊細な歌曲伴奏をしてくれるけど、オケを弾かせると貧弱だとか・・・。1人のピアニストがあれもこれも経験できるはずもなく、ある程度「的」が絞られて当たり前でしょう。

ああ・・・ピアニスト・・・・・・あこがれて、あこがれて止まない人たちなのだ、私にとって。
「もしも~ピアノが~弾けたなら~」である。

いろんな楽器とアンサンブルの可能性のあるピアノ・・本当に羨ましい楽器です。

でも、今回の経験で、今後やりたいことがムクムクと沸きあがってきている私。
アンサンブルって素敵。もっといろんな人と、いろんな楽器と遊んでみたい。

「歌って面白そうだよな~」と思っていても、でも、「オケでオペラでもやんない限り滅多に歌伴なんかしないよな~」という楽器の人たちと、もっと遊べる機会はないだろうか・・・・。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/6151145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリーブ at 2006-12-07 18:46 x
ピアノ伴奏って難しいのですね。フルートとの共演をお願いしたいですね。
by saori-kitamura | 2006-12-06 12:06 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧