ピアノのお稽古

先週から娘達がピアノのお稽古をはじめた。
小学4年生と1年生だから遅いスタートであるが、別にピアニストにしたいわけでもなく遅すぎることはないと思う。

先生は私の友人。毎週通ってきてくれる。ついでに私は歌のお稽古にも付き合ってもらっている。

子供達へは、小さいときから私が時々鍵盤の触り方や音符の読み方を教えてきた。
しかし、親が教えるのは大変な忍耐力がいる。

長女が幼い頃は、次女にはまだ手がかかり、私自身の勉強も「家庭や子育てを理由にしてはならぬ!」とばかりに無理をしていたので(家庭でも、歌を理由にしてはならぬ!・・の勢いで無理をしていたと思うのだけれど・・・)、一切の用事を置いておいて、娘とピアノに向かい合い、じっくり時間を使って練習を一緒にしてあげる余裕がなかった。

一回で理解しなければイライラし、そんな私にすぐ反応して娘は、「わからない~」とぐずりだし、「ママは忙しいんだからちゃんとやりなさい!」の一言で泣かせることなり、「1人で出来るまで練習しなさい!」・・・と泣く子を置いてきぼりにして、私は後ろを向いてダメな母親だ・・と自己嫌悪。

この構図は、ピアノのお稽古に限らず、いろんな場面で繰り返してしまった。

お習い事などの決まりごとが増えると、親も子もいっぱいいっぱいになってしまうので、なるべく自由に、私自身が一緒に遊びたい・・と思える時に、やりたいことを一緒に取り組む・・・なんともわがままな母親ぶりで過ごしてきてしまった。ピアノに、バレエに、英語に、スイミングに・・・と子どもに付き添うお母さん方を「えらいなあ~・・・・」と、横目で見ながら。

そんなこんなで時は過ぎ、それでもピアノは決まりは作らず思い出したように弾いてきた。そして、昨年の帰国後からは毎朝ほんの数分だが、毎日ピアノを弾く(触る?)と約束をした。2人ともピアノが弾けるようになりたいと言ったから。習い事ではないから、好きな曲、時には音楽の授業でやっている曲などを耳で音を拾って弾いたりしていたが、無期限に飽きるまで、好きな期間、弾けるようになるまで同じ曲を練習してよいことにして、毎日続けた。

同時に、家事のお手伝いも始まった。毎日、朝と夕方のお手伝い。

これが、結構大変なのだか(私は結構楽してる?)ブーブー言いながらちゃんとできる。

帰国後、次女が入学してからというもの、学童と保育園の2箇所の送迎がなくなり、(学童へ次女のお迎えは4年生の長女のお手伝いのひとつ)常に、遅刻しちゃいけない!!っと、時間に追われる感覚からすっかり解放された。

ベルリンでの苦労で3人とも成長したのかもしれない。

これなら大丈夫!と、私も自信が付き、いよいよ「ピアノのお稽古」が始まった。

次女は、そんな「母と姉」のやり取りをじっくり観察してきたので、なんでも要領よくやる。ピアノも然り。

きのう、お稽古2度目を終え、初めて宿題に○を貰った。二人ともうれしそう。やっぱり1人で練習しているよりも、張りができ、練習にリズムも出来てよいのだろう。先生が大好きだ。練習も順調。

世間的には遅いスタートだが、この子達にはぴったりの時期であったと思う。
そして私にも。

しかし、実際には、二人のピアノ教育に関しては、長いこと考え、観察し、種まき、みずやりを続けてきたとも言える。だから本当は、遅咲きだけど、スタートは遅くなかったのかもね。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/6390469
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリーブ at 2007-01-28 09:41 x
子育てをもう一度やり直したいと思うくらい子供達の思いを無視して余計なことをしてました。特に長男はいろいろ悲惨なめにあわせています。心苦しくて、大学生の頃、詫び状を出しました。
by saori-kitamura | 2007-01-26 11:31 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧