リハーサル

3月になりました。
今月はまずトナカイから始まりました。

常連のお客様はじめ、トナカイファンのお客様が集まってくださって、とっても和やかなステージとなりました。

共演は、芸大の同級でメゾのせっちゃん、二期会研修所の同期のK氏にいつも元気なピアニストみっちゃん。

わたしにとっては、まるで同窓会のようなステージで、うれしくって、楽しくって、なんだか友達同士のテンションに私達も戻っちゃって、お客さんも巻き込んで、わらい・わらい・笑いの渦~になってしまいました。

でもね、それは素晴らしい歌手とピアニスト一緒だったからなのです。演奏が楽しくなくちゃ、やっぱり気分は晴れやかにはいかないのです。

トナカイは、即興で作り上げるステージ・・・(これがよいことなのか、悪いことなのか、意見はさまざまなようだけど)という特徴があります。メンバーが、当日集まって(もちろん事前打ち合わせることもあるけれど)、レパートリーを見せ合って「あんなことやっちゃう!こんなこと出来ちゃう?」と、あっという間にステージを作り上げ、ぶっつけ本番にもかかわらず、お互い影響しあってすごいことが出きっちゃったりするのが、トナカイの魅力のひとつなのです。その魅力は出演者にとってのもの・・ですけど、でも、この生きたやり取りがお客様にも伝わっているのでしょう、上手くいっている日はお客様の乗りも良い。

でも、それを実行していくには、それなりのピアニストと歌手達が集まらないと出来ないわけで・・・・。

「こーして、あーして、あれやって、こうなって・・・・だから、私はここでこれを歌うから、あなたはこっちの曲にしてね・・」なんてやりとりで付いてこれない人が居ると、一気にテンションが下がるわけで・・・・。

昨日はとっても楽しいステージでした~。

また、一緒になるといいね~(スケジュールはオーナーが決めるので)と、次回のステージでやってみたい曲まで宿題としてきめて、みんなと分かれたのでした。

同級生たちの活躍は、本当に私にとって励みになります。
友達っていいな~、いい仲間に恵まれてステージはやっぱり楽しいのです。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/6550987
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2007-03-02 19:27 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧