マイルストン無事終了

サントリーホールはほぼ満席近くお客様がいらしてくださいました。

スタッフを務めてくださったのは、音楽、舞踊、演劇などの芸術分野の大御所、文化庁在外派遣の大先輩の先生方。

その方たちから立ち上る、何か、余裕というか、遊びというか、洒落というか・・・そんな雰囲気が漂う空気を感じました。

バレエや詩の朗読が加わっていることもあるし、そのために照明(担当してくださった先生もこの業界の大御所・・・まったく贅沢な・・・)も入り、いつものステージ明かりとはちょっと感じが違う。

進行はいたってシンプル。重唱もない。順々にステージに上り、大きなアリアを歌いまくる・・・という構成は、下手すると発表会か、コンクールか・・・・と成りかねない。しかしそうならないためのほんのちょっとした心がけを、演出のT先生(オペレッタの大先生)は、なにげなく教えてくださったと私は思った。

言葉で何かおっしゃったのではない。別に先生が特別な演出をなさったわけでもないし、もしかしたらいてもいなくても、進行は何も変わらなかったかも知れないと思われるようなお稽古だったが、私達をサポートしようとしてくださるその視線の中に、何かがあった様な気がしました。
T先生だけでない、ダンディーなおじいさん先生(笑)、大先生方の優しい視線と微笑みから・・。

それはやっぱり、エンターテイナーとして舞台に上がるのか、はたまた自分の成果をみせるために舞台に上がるのか・・・・というところにあったのかな~??

どちらにしても、良い歌を歌おう・・・日頃の成果を発表しよう・・・お客様に喜んでいただこう・・・ということには変わりないけど、だけど、ほんの少しだけ、心の持ちようが違うと思う。

私としては、アリア単発からでは難しいかもしれないけど、オペラの楽しみや、声楽の楽しみや、はたまた都心のサントリーホールで時を過ごす楽しみも、なんだか色々楽しんでいただきたいと・・・・・とにかく楽しんでいただきたいと思ったのでした。

今回、偉い大先生方(私の恩師も・・)文化庁の職員さんやこのNPO活動を評価して支援してくださる(かもしれない)文化庁の偉い方やら・・・ちょっと恐いお客様を迎えるにあたって緊張もしましたが、蓋を開けてみれば、実際には出演者の手売りで集まったお客様がほとんどなので、非常に家族的な雰囲気に満たされ、柔らかな空気に助けられしっかりとお客様の方を向いて、お客様に向かって歌ったり、見せたり、語ったり出来たのではないかと思います。

間違えちゃったり、音程が外れちゃったり・・・そんな事故はもちろんありましたが、お客様と一緒に楽しみ、私もお客様によって満たされたコンサートでした。

皆さんどうもありがとうございました。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/6585868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mae/ at 2007-03-11 00:03 x
マイルストンコンサート、皆さん、海外研修の後とあり熱演でしたね。さおりさん自身が心から楽しんで歌っている事、私達に伝わってとても感動しました。ドレス姿も美しかったです。
Commented by ゆかちん at 2007-03-11 16:58 x
さおりさん、本当にお疲れ様でした。
きちんとご挨拶もせず帰宅してしまってすみませんでした。
さおりさんの日記を読んで、ほんと、その通りだなぁ~と思いました。
大先生の方々から、無言のうちに色んなことを学ばせて頂いた気がします。
そしてお客様...もう全ての人に感謝感謝です。
またさおりさんと共演できることを楽しみにしています。
ありがとうございました。
Commented by Moro at 2007-03-11 19:49 x
今回もお世話になりました~~~
通し稽古が終わった帰り際にさおりさんから「楽しもうね!」と声をかけてもらい、私も元気をもらえました。
さおりさんもゆかちんさんも、私の関係者に評判良かったです!
また、お2人と共演できる機会が訪れるよう祈ってます。
by saori-kitamura | 2007-03-10 21:09 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(3)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧