頑張るお母さんから、サボり上手のお母さんへ

前回の内容から、いかに私がまめまめしく良い母を務め、勉強に励み、社会にも目を向け、頑張ってきた素晴らしい女性であるか・・・と思われたかもしれないが。

しかし、文中述べたように「無理なものは無理でムリムリ」なのでした。

やめたのは新聞だけにあらず。

大学院を無理のごり押しで3年かけて無事終了し、ぼやーんとしていた初夏、次女を妊娠。翌年2000年のバレンタインデーに出産。
妊娠期間中は、切迫流産の心配が前期はあったので全面的に仕事は休み。安定期からも、レッスンはサボりっぱなし、決まっていた本番のみ楽しく歌う。すっかり休みになれちゃって、これは神様からのご褒美だ~ということで、出産後はまたまたしっかり育児休暇。大学院を出たら出たで、「居場所なし、歌う場所なし」という焦りが出てくるんですが、焦りつつものんびりは快適。


長女の時に、しっかり頑張っていてもうまくいかなかったり、失敗してしまったりしてしまったことももちろんあって、だからといて、何事か重大な事態になるようなこともなくて・・・・・実は笑ってやり過ごせることも多かった。(重大な事故もあったけど・・・ママ洗顔中になっちゃんお風呂でおぼれる事件と、台所のグリル下の隙間でつかまり立ちヤケド事件)

なので、次女の時は無理をせず赤ちゃんの顔を見て問題があるなら手を打つ・・・といった方法に。長女の時あれだけ頑張ったオムツも消毒も、離乳食も・・・・・・あれもこれも、特別なことはしなくても何とかなりまして・・・・・なあんだ・・・と。
色々問題を乗り越えてお腹でしっかり育ち、生まれてきてからも頑張った次女なので、なんかもうこちらも気負いが抜けて、「ま~大丈夫でしょう」といった気持ちだったのでしょうか。

長女の時は、赤ちゃんが生まれて幸せだ~と感じていたけど、次女の時は赤ちゃんが生まれて楽しいよ~と思うようになりました。

そんなわけで、なんとかなるさ~!なんとかするさ~!なんとかさせるさ~!の私の多足的人生が始まったわけです。

いまんとこも、何とかなってますかね~。。。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/6829684
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリーブ at 2007-05-09 12:51 x
sao様には頭が下がりますが、みんなそれぞれ、どうにかこうにかいろいろな事を経て、今があるということでしょうか。またこの先にもいろいろあることでしょう。”今あること”に感謝しながら、”今できること”をする。その繰り返しになりましょうか?私などはもう十分と思うことが多くなりました。神様、仏様に怒られそうですが。
by saori-kitamura | 2007-05-08 09:58 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧