ドイツ語ばかり・・・

ご案内はがきが横文字ばかりで・・・・・、と言う声も。
宛名面の方には、日本語でちゃんとご案内してますのでご安心を。

今回のプログラムは、すべてロマン派の作曲家によるドイツ歌曲。有名な曲も、そうでない名曲も織り交ぜて、シューベルト、ブラームス、ヴォルフ、R.シュトラウスと時代を追ってたっぷり堪能していただきたいと思います。マーラーが入れられなかったのが残念でしたが、1回ではあれもこれもとてもとても歌いきれません。これからのお楽しみにとっておきます。

今回のリサイタルのおすすめポイント!
・デザイナーゆきちゃんの素晴らしいご案内はがき。
・新納洋介君によるピアノ・・ソリストとしての実力はすでに周知のことと思いますが、さて、伴奏ではどんな音色をきかせてくれるのでしょう。私もいまから楽しみ。
・今回もドイツ在住のピアニスト、美由紀さんの才気溢れる「よみもの」をプログラムに寄せていただく予定です。
・小さなホールのサロン的雰囲気で楽しむドイツリート・・・・さおりさんもがんばります。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/6929726
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by astista at 2007-06-02 18:24 x
当日の肉体労働は何でもお申しつけ下され。
by saori-kitamura | 2007-06-02 13:17 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧