蒼生会  尊敬する恩師

今日は蒼生会のお稽古でした。今日のレッスンを思い出して、ちょっと興奮しています。

朝。お天気!!
恩師 朝倉蒼生(あさくら たみ)先生の横浜のお宅へ伺いました。
久しぶり。

先生の家は坂の上・・・・・えっさ、えっさ・・・・・ふ~。

久しぶりのたみ先生のレッスンで緊張気味。。

リサイタルのあと、今週は何かと雑用で外出が多かったり、昨夜は久しぶりに3キロほど走ったり、週末夜のお決まり映画鑑賞で「オーシャンズ12」をワインと共に楽しんで夜更かししたり(夜更かしはいつもだけど)で、疲れも出たのか・・今朝は体が重い。

レッスンもイマイチ調子が出ずに・・・・シマッタ・・・。でも、悪い癖が噴出するこんなときこそ、本番に直接生かせるアドヴァイスがもらえたりする。そして、それがしっかり叩きこまれる。

ああ、それにしても・・・・・・学生の頃と同じこと注意されてる・・・・むむむ・・・・

今では、芸大一の頭でっかちマンモスクラス(学生が修士や博士に残りなかなか卒業していかないので新入生が入る余地が少ししかない・・)となった朝倉クラスだが、私が入学した頃は、朝倉先生は芸大にいらしてまだ数年目の講師でらっしゃった。1年は私ひとりだけで、先輩も超気さくな人が数人(普通クラスの上下関係は厳しいのだけれど。。。。よかった~)。

その中で1年次から教えている弟子は、私でまだ二人目だった。他の先輩方はよそのクラスから里子に来た先輩などなどで・・・・・。当時の私ときたら、そりゃ~もう出来が悪かったので・・・レッスン時間もたっぷり取ってくださったって、まさに手取り足取り、基礎の基礎から、すべてを先生に教わったと言っても良い。当時新婚のわたくし・・・上野は遠いし・・・慣れない主婦業に勉強もままならぬ私。そこを根気良く、根気良く、本当に諦めずに、見捨てずに、怒らずに、叱らずに、時に「スピード料理の技・ベテラン主婦の手抜き技・夫の教育??嫁と歌手の両立の仕方???」なども伝授してくださりながら、楽しくレッスンしてくださった。先生でなきゃ、きっと学生を続けられなかったかもしれないし、子供を欲しいなんて思わなかったかもしれない。

レッスンで先生が歌ってくださる・・・・やっぱり先生の歌はステキだわ~。

わたしの「こんな風に歌えたらなあ。。。。」は、まさしく、先生のお歌そのもの!と言っても良い。

すべての言葉が明瞭である前提の上で、言葉のニュアンス、フレーズのレガート(それは正しい音程のなかにのみある!)、そしてもっとも肝心なのは和声感をピアニストと共に持つこと。転調していく場面での色の変化やスピード感、高揚感、そして調が解決する時の安定感を、いかにピアニストと共有して演奏できるか・・・などなど、短いリハーサルの中で、改めていくつものことに気付かせていただけた。

そのうちのひとつぐらい出来てなくてもそれなり聞こえるけれども、やっぱりすべてにこだわって追求した歌は感動が違う。

たみ先生の歌は、感動を誘い、涙を誘う・・・・・・
芸大に入学して初めて聴いた先生のリサイタル・・・まだ勉強不足で知らない曲ばかりでしたが感動で泣きました。私はこんな素晴らしい先生に習えるんだなあ・・・・・と、今更感激したお馬鹿さんの私でした。

コンサートのあと、ステキなお声でした・・・とか、ステキな歌でした・・・とか、上手でした・・とか、よく聞きますが、先生のお歌にそんな言葉は必要なし。「朝倉蒼生に感動した」・・・・と言いたくなる。

私もそう言わせる歌手になりたいんだった・・・・。
まだまだ程遠い・・・・

先生は私の目標。たみ先生の弟子であることに感謝!
そんな思いを込めて、蒼生会(そうせいかい・・・・・朝倉門下生の会)で歌いたいと思います。

伴奏は、千葉かほるさん。
歌い手を引き込むほどの強いオーラを放ってピアノを弾きます。
正真正銘、本物の歌曲伴奏ピアニスト、この方も私の恩人。本番力を教えてくれた人。
彼女と演奏できるのも、蒼生会の楽しみのひとつです。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/7414679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリーブ at 2007-09-10 07:56 x
“蒼生”と書いて ”たみ”と読ませるのですね。なんて思い入れの深いお名前でしょう。”蒼”は、”木の葉、海、空などの深い青色”の意。深く、深く、歌を追求なさっておられるのでしょうね。リサイタルが催される時は、是非、お知らせ願います。
by saori-kitamura | 2007-09-08 20:24 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧