市立由井中学校60周年記念式典 合唱祭

金曜日、母校由井中60周年式典・合唱祭のゲストとして市民会館へ。

部活の顧問だった田中先生からご依頼を受けて、30分の記念演奏会、その後合唱際の審査員を務めた。

田中先生の一言!で夫も仕事を休んで同行。実際のところ、私よりも夫の方が中学校との結びつきが強い。部長だったし、その後も「由井吹奏楽団」に在籍し、中学入学以来30年間の長きにわたり由井中に通っているのだから。中学生とのジョイントコンサートも体育館で毎年開催するので、現役中学生とも、そのお母様方とも(最近は同級生との再会もあるのだとか・・・)交流がある。

会場は粛々とした雰囲気・・・、ピリピリと準備が進んでいた。
先生方へのあいさつ回り・・(いくつになっても落ちこぼれは先生が苦手だ・・)正直夫がいて心強い。

田中先生のほかにも、他校をまわって再び由井中に戻られた先生が、夫のことを覚えていた。覚えている先生もすごいが、覚えられてる夫もさすが優等生・・・・・・。

ゲスト・・・なんて、ちょっと気恥ずかしい。会場には5年生の娘のクラスのお母さんもいた。長女もあと2年で由井中生だ。

合唱祭では、将来の娘の姿も想像しつつ楽しんだ。なかなか立派な演奏で感心した。

その後は、演劇部、三味線部、吹奏楽部の舞台発表。生徒達も先生達もお祭り騒ぎ。三味線部は見事に八王子の伝統芸能「車人形」を演じたが、客席の生徒たちはなぜかライブ会場並みの盛り上がりだ。
先生方も生徒達も、吹奏楽の生バンドを従えて、歌う!踊る!
お互い健闘をたたえての無礼講・・・・・・か?


私も後輩達と共演。指揮は田中先生。
b0107771_1844477.jpg


最後に、合唱祭の講評をして(偉そうだけれど・・・・)終了。
3年生の男子から「きょうはありがとう~」と掛け声が飛んだ。

生の教育現場を垣間見ることが出来て、私も夫もいろんな面で有意義な日でした。

明るく、元気で、無邪気な中学生達。
しかし、そこに同時に感じられる「幼さ」が少々恐い。

合唱なんかキライだぜ!、とか「車人形」になんで手拍子なんだよ・・・うるさくて聞こえね~よ!!とか・・・思っちゃう奴はいないのか・・・?。

そんなこといったら、きっと「KY」とか言われちゃうのかな?
楽しくて、かっこよくて、かわいいのが1番なのね。

学校もやっぱり「バラエティー化」していると思った。

伴奏してくれた同じく八王子出身の村井さん。楽理科の才女。合唱伴奏としてもご活躍の芸大大学院1年生。
b0107771_1895859.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/7600741
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by オリーブ at 2007-10-22 17:18 x
ご夫婦で母校の記念式典にご招待とは、すばらしい!!さおりさんの華やかなステージに感動して、誰かが後を追っかけるかもしれませんね。
Commented at 2008-01-01 15:20 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by saori-kitamura at 2008-01-02 00:33
ROSEさん
合唱祭は楽しかったですね。素晴らしい演奏でした。
音楽も、中学生活も楽しんでくださいね。
by saori-kitamura | 2007-10-20 15:28 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(3)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧