ドイツ・レクイエム

私のような歌手でも、シーズンには演奏させていただく機会がぐぐぐっと多く、ありがたいこと。
なかなかブログの更新まで気持ちがまわらないことお許しいただきたい。

(そう・・・時間はあっても気持ちがまわらないのです・・・・・・文章を書く脳と、歌のことを考えている脳は一緒なのかな?? あ~でも、料理は平気だけど、掃除は出来ていない・・・・脳とは関係ないか・・・・・・さぼりたいだけです)

日曜日は横浜交響楽団・合唱団の皆さんと「ドイツ・レクイエム」を歌わせていただきました。
横響の皆さんとは4度目の共演。いつも温かく迎えてくださり、よい勉強をさせてくださって、感謝、感謝です。

最初はフォーレのレクイエム。大学が終わったばかりで長女がお腹にいました。
2度目は第九。大学院が終わった年の暮れ。次女がお腹にいて、しかも8カ月でした。
この年は横響「第九」50回記念演奏(すごいです・・・1950からほぼ毎年・・・芸大メサイヤよりすごい)練習にNHKの取材が来て、夜のニュースで私の太った顔がお茶の間に流れ、しばらく会っていない知人達を驚かせ・・・そうか赤ちゃんがいたのか・・・なんて事もありました。

共演を重ね、初めの頃より多少成長した姿を見ていただけただろうか・・・。

横響のベテランの皆さんに比べたら、私のキャリアなんて、ま~だま~だ始まったばかり。
なんたって横響は昭和7年からの歴史がありますから。

12月に控えた5度目の共演はその歴史ある「第九」。
横響の歴史に参加できることは何よりも名誉なことと感じています。

終わってしまったけどチラシ
b0107771_13284083.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/7647381
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2007-10-31 13:13 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧