人生を変える方法

師走に入り、そろそろこの1年を振り返る頃となった。
私にとって、今年は再出発の年であったといってもよい。

2005年秋からたった1年のベルリン留学であったが、それがきっかけとなって、それまで積み重なってきた諸々煩悶が加圧、加熱、臨界・・といった具合に変容し、帰国後は新たな気持ちで、何事にも取り組むこととなった。

気が付けば結婚15年、つまり芸大に入って15年。
新婚当時は慣れない家事と慣れない音大生の両立、それに仕事が加わり、子育てが加わり、卒業後も勉強と子育ての両立に、時間も金銭面も悪戦苦闘の長い時代を経て、今は子供は小学生(送迎がない!保育料がない!!)、マイホーム実現で自宅でレッスンが出来るようになり、仕事にも恵まれて、一気に何もかも楽になった。子供たちはどんどん手が離れ、お陰で気を揉まずに仕事にお稽古、演奏会に通えるようになった。


一通りのコンクールやら留学やらデビューやらを通過し、勉強せねば・・・レッスンに通わねば・・・という強迫観念からも開放され、歌も楽しく歌えるようにもなった。

それに、良い仲間にめぐまれていることも感謝が絶えない。

学校に子供達を安心してお願いできることは、当たり前のようで近年はそうでもないのかもしれない。イジメもなく、地域の見守りも温かい。少人数の小さな学校だが、あらゆる成績で市内トップクラスの小学校だ。

子供を安心してゆだねることが出来る人たち、環境を多く持っているということは、親の心身の健康・・・つまりは健康的な親子関係と、家族の平和を作り出してくれる。

我が家のお助けマン達への感謝の話と、タイトルに取り上げた新聞記事の話は次回に持ち越し。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/7788357
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2007-12-08 16:16 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧