鑑賞日記 映画編

めぐりあう時間たち

たくさん考えてしまいますが、答えはどこにも見当たらない。
自分を生きるために相手を拒絶する生き方・・・・相手を生かしてその中で自分も生きる生き方・・・または、自分を生きるために相手を殺す・・・・・・自分を生きるために自ら死ぬ。すべて自分を保つために。

3人の女性それぞれに私自分の姿も重なる。女性の心理も立場も複雑なのだ。

3つの異なる時間を生きる3人の女性。彼女たちはあるキーワードでつながっている。彼女たちや彼女達を取り巻く人々も、時間を越えて影響しあっている。

生きるのか、生かすのか、死ぬのか、殺すのか・・・・・・・自分らしくあるために。

すべての人が「愛」をもっているのに・・・・・幸せになれないのは、なぜ?



男性の意見としては、女ってこんなに面倒なの???ということらしい。
[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/7947332
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2008-01-17 01:36 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧