いよいよ本番

この日も爽快に起床。「ちりとてちん」も見逃さない。

朝食のあと、キャッスルホテル内の美術館で「草間弥生展」をみる。
ちょうど、プレスむけのレクチャーをしている時間でゆっくり見れなかったのですが、水玉模様のかぼちゃの版画がたくさんでした。すごいですよね~。ちらっとみただけで、草間の作品だとわかる個性。制作の様子や、日常生活に密着したドキュメンタリー映画が公開されるそうです。制作の模様は初公開だそうです。ぜひ見てみたい。

午後リハーサル。あれよ~という間に開演。

まずは青少年オケの演奏。助っ人が入っているとはゆえ・・・・・。プレトリウス「テレプシコーレ」、ヘンデル「合奏協奏曲」。いい演奏を聞かせていただきました。

休憩後、ハイドン「ネルソン・ミサ」

このミサ曲は、合唱と一体となって歌う形式で、いわゆるソロ曲の形態ではありません。特にソプラノの役割は大きく、テクニックも難しいコロラトゥーラと叙情的な部分がちりばめられている。
立ったり座ったりしながら、ソリスト同士のアンサンブル、オケとのアンサンブル、合唱とのアンサンブル・・・・・と、気の抜けない曲なのです。

キリエが始まり、オケのハリのあり、軽やかに響き渡る素晴らしい音を聞くに付け、だんだんと不安を覚え震え出す私。
久々に大緊張しました。しょっぱなのキリエがテクニック的に難しいのだ。

何とか、無事に演奏を終えて、振りかえればあっという間。
本当に、素晴らしい演奏でした。私も、良い勉強が出来ました。

アルトソロのゆきえちゃんと。
b0107771_14294241.jpg


打ち上げも盛大に盛り上がり、その後、羽川先生の行きつけのおすし屋さんに連れて行っていただきました。そこで頂いた、はたはた寿司が、こう言っちゃ~なんですが、昨日のお店より美味しくて、無理を言ってお土産用に分けていただきました。ありがとう!大将~!!

あ~・・・ひとつ言い忘れました。本番前、ドレスを着ようとしたら、ファスナーが上がりません。
ぐ・ぐ・ぐるじ~・・・・・・。
パニエも、ホックがはまらない。諦めて安全ピンのお世話になりました。

いったいドンだけ、私は食べたのでしょうか・・・・・。

大将と大将の寿司。いぶりがっこやカブのお漬物も絶品。

b0107771_14173556.jpg
b0107771_14175489.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://saokita.exblog.jp/tb/8000463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2008-01-31 14:18 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧