<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

ただいまコンサート

   
 北村さおり ただいまコンサート    
                                         ピアノ 吉泉善太

~1年間のベルリン留学を終えて8月末に無事に帰国(する予定)。
                        応援して下さった皆さんに感謝を込めて~


2006年9月16日(土)  14:00開場 14:30開演
八王子市北野市民センター(北野駅徒歩1分 北野タウンビル8F) 入場無料


program

クララ&ロベルト=シューマン:なぜあなたは他の人たちにたずねるのですか?
                        天はひと粒の涙をこぼした/ 私が美しいために
R.シュトラウス:小川
モーツァルト :ロンドニ長調 KV485(ピアノソロ)
クシェネク :ラクリモーザ
ヴェルディ:慕わしい人の名は「リゴレット」より
メンデルスゾーン:春の歌、ベネツィアのゴンドラの唄「無言歌集」より(ピアノソロ) 他



問い合わせはブログのコメントにて受け付けています
入場無料です。ベルリンのおみやげ・・・話と歌・・・をぜひ聴きにいらしてください。
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-31 16:39 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(2)

旅 マイセン


b0107771_16141633.jpg

マイセンでお茶・・ケーキの名前もマイセントルテ


b0107771_16204576.jpg

Dom

b0107771_1625016.jpg

エルベ川


続きもまた・・・・ぼちぼち・・
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-31 16:26 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

旅 ライプツィヒ

b0107771_15534939.jpg

棕櫚の造形が美しい・・・白くて綺麗な聖ニコライ教会


b0107771_15561030.jpg
 
バッハのお墓・・・トーマス教会

b0107771_15573395.jpg

バッハ像と
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-31 16:08 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ニコライ教会

オルガン・・・詳細はわからず・・・
UdKの学生のコンサート試験を写真の上2台のオルガンで聴きました。


b0107771_16272666.jpg


b0107771_1623378.jpg


b0107771_16245186.jpg

[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-20 16:30 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

マリエン教会 ニコライ教会

b0107771_1694079.jpg

ブランデンブルグ大聖堂と同じ、ワーグナー製のオルガン。しかし、戦争によって破壊されたものを再建。

b0107771_16131634.jpg

外観



b0107771_16152671.jpg

ベルリン最古の教会、ニコライ教会外観
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-20 16:16 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ベルリン大聖堂

b0107771_15555986.jpg

祭壇 

b0107771_153002.jpg

ベルリン最大のオルガン。しかし、戦争によって破壊されたため再建されたもの。



b0107771_1612224.jpg

大聖堂、テレビ塔、マリエン教会、その後ろの高層ビルはホテル
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-20 16:05 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

しばらくおやすみ

留学最後の最後、色々楽しいことがいっぱいで、後ろ髪を引かれる思いです。
ブログに写真や言葉を残す作業は、時間が取られた大変ですが、もう一度頭の中を整理することや、考えることが出来て大変有効だと感じています。

でも、・・・・・・やっぱり時間が無いので、しばらくお休み。帰国までにやり遂げたい仕事が山のように残っているのです。

時々、思い出したように何か紹介できればいいと思いますが、今もけしてマメでは無いですけど、ちょっと時間が掛かるかもしれません。更新してなくても心配しないでね。それでも、時々のぞきにいらしてください。

昨夜は、ブランデンブルクから帰ったあと、ハンスアイスラー大学のリーガー先生の歌曲の授業の発表会に行きました。本当は来た時からこの授業に興味があって、ずっと気になっていたのに、言葉が出来ないのにひとりでお願いしに行くことに勇気がなくて、結局最後の最後、ようやくリーガーさんに会うことが出来ました。

昨日も3組が演奏しました。

あれ・・・・・このピアニスト・・・・もしかして・・・・・。びっくり、ピアニストの一人がモンテヴェルディ合唱団のメンバーで、一緒にワルシャワで演奏したソプラノさんの一人でした。私もベルリンでずいぶん顔が広くなったもんだ・・・・

彼女からリーガーさんに紹介してもらい(おかげでスムーズ!)、私は残念ながらもうお会いできないけれど、Kちゃんは冬ゼメから授業を聴講させていただけることになりました。

いいな~・・・・・・
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-11 17:55 | あれこれ・・・ | Comments(0)

写真をもっと

b0107771_17352364.jpg

ドームの外観


b0107771_17374926.jpg

各国の子供達、本番前のリハーサル、国会議事堂うらにて


b0107771_17403243.jpg

家族総出でおねえちゃんの応援!!がてらお祭り見学。同居人紹介、Yちゃん・Kちゃん
(本人たちの了解なし!!)
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-11 17:42 | Trackback | Comments(0)

ブランデンブルクドーム(教会)

オルガニスト、指揮者のオッペルトさんの車で、今日はブランデンブルグにお出かけ。オルガニストのfu-gaさん、Yちゃんも一緒。

以前オッペルトさんのオルガンコンサートとのあとの雑談で、「ベルリンはすべて戦争で破壊されてしまい、本物の古い教会、オルガンは無いんだよ。。。。」というオッペルトさんに、「残念・・本物の古い教会やオルガンが見たいな~」と、以前ポロっと言ったら、じゃあ、一緒に行こう!ということになったのです。

ブランデンブルグはベルリンからアウトバーンで1時間弱。古いレンガの建物、石畳の道路・・・・歴史を感じる町です。湖があり、背の低い家並みの中に、教会の塔がニョキ、ニョキっと見えています。

教会は1000年!!以上前に建築されたもの。もちろんすべてがそのままではありませんが。オルガンはワーグナーという有名なオルガン製作者によるもので、これも1723~25年にかけて制作されてオリジナル。

b0107771_1743047.jpg

ちょっと曲がってしまったけれど・・・

b0107771_1710510.jpg



b0107771_1711447.jpg

オッペルトさんから話を聞くfu-gaさん。本人の了解無しで掲載!私たちも特別に了解を頂きオルガンを弾かせていただいた。私はリード系の音色が気に入ったが・・・このストップはオリジナルじゃないって言ってたっけ?fu-gaさん?他にもfu-gaさんが持参した楽譜を参考に、バロックトーンの音色、澄んだ和音、濁る和音等について興味深い話を聞き、それが歌詞のあるコラールはもちろん、各作品の中で大変意味をもって使われている・・うまく短く説明できないけれど、例えば「天国」を表している部分は最も澄んだ和音のホ長調・・「死の苦しみ」を表す部分は音の濁るロ短調のドミナント・・・とか。

現代楽器では、絶対に分からない!!例え説明を聞いて知識があったとしても、実際にバロック楽器で、教会の長い残響の中で聴かなければ実感できない貴重なお話でした。

たぶん、fu-gaさんも詳しく書いてくれるはずですので、そちらもチェックしてください。

そして、オッペルトさんは、私のそそのかされて・・・・ってことは無いと思いますが、日本への演奏旅行に向けて計画を練り始めました。何か良い情報をお持ちの方はご一報ください。
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-11 17:30 | あれこれ・・・ | Comments(0)

ワールドカップ決勝 in Berlin

ブランデンブルグ門に作られたステージではワールドカップの間、イベントが繰り広げられてきたが、3位決定戦の翌日はドイツチームがお礼を言うためにこのステージにやって来ていた。それはもう日本の皆さんもご存知ですよね。でも私たちは見れなかった。
そのあともテレビ中継は続き、下手なバンドのライブがあってりして、最後の最後に各国の子供達がドイツ語、英語、そして自国語でひとつの歌を一緒に歌うイベントがあり、長女も参加した。それがテレビで中継されたわけです。難しい曲だったけれど、大きな声で(セキュリティーのため、ステージが遠すぎて、本当は良く聞こえなかったんだけど)よく歌えました。

b0107771_16293565.jpg


もう代表選手は帰っちゃった・・・・大量の紙ふぶきの残がい・・・でも、私たちの出番はこれから

b0107771_1633109.jpg

日本人学校のみんなは小さくて・・・私たちもはっぴやゆかたを着ればもっと目立ったね。。。と母親達。

ベルリンは大騒ぎ。試合開始3時間前ぐらい前、ティアガルテンそばの大使館の多い通りからから街中にむけてバスに乗ろうとしたが、バスは来ない。ティアガルテンに入るにはボディーチェックが必要で、各出入り口には警察がいる。その暇そうな警察に「バスは今日はこの道通らないの?」と聞いたら「わかんないけど・・・・あっちもこっちも通行止めだから・・・」なるほど・・・。バスを待っている間、全員青いユニフォームを着ているバスと、それに続く大量のタクシーを見かけた。タクシーの乗客はスーツを着て、首には何かのカードをぶら下げている・・・・・。もしや????

バスが通っていそうな通りまで歩き、ようやくバスに乗る。
高級ホテルが並ぶ付近ではお客をスタジアムに運ぶための大量の大型バスが道路をふさぎ、タクシーが町中溢れ、バスは一向にツォー駅にたどり着かない。

スーパーで買い物をして、子供達を待たせている公園に戻ろうと歩き出した。バスに乗るより歩いた方が早いぜ!!と思ったけれど、もうあの渋滞は大分緩和され、バスに抜かれた!!悔しい・・・と思っていたら、待ちくたびれた子どもと同居人達から「もう帰る」と電話。公園から歩いてくる家族と途中で合流・・・・帰宅。

天気はピッカピカの晴天。一日太陽にさらされ、移動はひたすら歩きだったのでとっても疲れた

肝心の決勝戦は疲れて、うとうとしながら延長戦突入まで頑張ったが、後は無理だった・・・・。イタリアよ、おめでとう。そして、ベルリンはお祭り騒ぎが終わり、さっそく次の日から続々とヴァカンスへ出発する人々・・・・・。



b0107771_16364143.jpg


次女を肩車して歩いていたらテレビカメラが来て、ママは大喜びなのに、次女はいつものようにうつむきっぱなし・・・・
[PR]
by saori-kitamura | 2006-07-10 16:26 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧