<   2006年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

実相寺先生・・・・

夕飯時にファックスが届いた。二期会からだった。

実相寺昭雄さんの悲報。そんな・・・・・知らなかった・・・聞いてない・・・・・・そんなの・・・。

先日二期会通信が届いた。来年7月の魔笛再演の記事を読んだ。もちろん実相寺先生の演出。

前回新人として抜擢されながら、キャンセルという辛い経験をした、あの魔笛の再演。

今回は海外に居たということもあるが、オーディションを受ける気になれなかった・・・・。

でも、実相寺先生は逝ってしまった・・・・・・会えないままに。オーディションを受けられないにしろ、受けたい意思ぐらいは先生に伝えればよかった。

先生が2度も手がけられた「魔笛」。両方とも賛否両論はあったものの、大反響だった。これほどに注目された「魔笛」が、これまで他にあっただろうか・・・・。どちらも先生にしかできない素晴らしい演出だった。そして、歌い手には、特に、夜の女王の私には、まったく何も言わない監督だった。本を読めばわかる。セットを見ればわかる。衣装を見ればわかる。まずは自分で・・・・。そして歌手はまずは音楽で!!歌い手と指揮者を信じてくれる監督だった。

そんな監督だった。役柄についてじっくり歌手に語ってきかせるようなことを、少なくとも、私にはしなかった。まずは歌手から自然に出てくる演技を尊重しつつ、そこから監督の世界に誘導されていった感じ。もちろん役によってちがうだろうけれど。でも、いいか、悪いか、これははっきり言われたな。

その先生の「魔笛」に、両方共にに出させていただけて本当に幸せだった。両方に同じ役で参加した仲間も何人かいる。みんなきっと思ってるに違いない。私にとっても、それは夜女歌いとしての誇りだ。実相寺昭雄の魔笛、夜の女王はこの私だ!!と、大きい声で叫ぼう。

先生ありがとう。私にとっての魔笛は、先生の魔笛。私にとってのオペラは、先生のオペラ。

先生、本当にありがとう。。。。。。。
[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-30 22:28 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(2)

発見 そして大事なお知らせ

本を読んでいて、テレビを見ていて、町を歩いていて、電車の中で・・・・発見したこと。

今日はこんなことがあった!こんなもの見た!こんなことが書いてあった!

びっくりしたな~!知らなかったな~!うれしかったな~!かなしかったなあ~・・・

そんなことを真っ先に話したいのは、やっぱり家族かなあ~と、思うのです。

子どもが「ママ~!ママ~!」と、今日の出来事を伝えに飛びついてくるように、夫婦もそんな会話ができたらいいなあ・・・と。

そのためには、お互いが認め合い、分かち合い、そして良く知っていないと難しいのかもしれません。どうですか?先輩ご夫婦の皆様?

自分が関心を持ったことを話したことにより、もっともっとそこから話が広がっていくと楽しい。
教えてもらうことも楽しいし、教えてあげるのも楽しい。

せっかく話をしても馬鹿にされたり、無関心だったりしたらさびしいし、逆に知らない話、無関心な話ばかり一方的にされてもつまらない。

一緒にテレビを見て、一緒に町を散歩し、一緒にスーパーで買い物をし、一緒に本屋で本を探す・・・ついでに我が家は一緒に庭の手入れと掃除。

自然とお互い相手の興味のあるところに自分も関心を持ち、自分の知らないことを知っている相手を尊敬し、共通の興味を持つことによって、その分かち合いがとても楽しくなってくる。

しばらく離れていたがゆえ、特に我が家は新鮮に感じるのかもしれない。夫は子供達との関係も楽しんでいる。大きく成長した姿に驚きが絶えないらしい。

わたしが歌っている歌は、ちょっと音楽を勉強していない人には馴染みが薄く、難しく感じるのなかもしれないが、演奏がひとりよがりにならないように、お客様と音楽を分かち合い、一緒に楽しんでいただけるように心がけて最後の仕上げに掛かっている。そこから新しい興味を広げていただけたら幸い。それなら次のリサイタルには何をお見せしようかと、もう考え出したくなるほどワクワクする。

まずは、聴きにきていただくことが第一歩。

でも、今回はかなり集客に難航しています。事情はいろいろ・・・。ちょっと皆さんの忙しいときに当たってしまったかしら。

お客様の数ではないけれど・・・・・・。

まだ、予定の空いてらっしゃる方は、分かち合いの友を1人お連れになって、ぜひリサイタルにお出かけください。

そこで大事なお知らせ。

チラシのマネージメントのアドレスが違っています。正確なものはブログ右にあるご案内に載せました。また、お知らせのお手紙をお送りしましたが、私のアドレスに下線が入ってしまい、読み取りにくくなってしまっています。

saori_kitamura@hotmail.com


こちらが正しいアドレスです。

どうぞよろしくお願いします。
[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-27 10:16 | あれこれ・・・ | Comments(1)

疑問、珍問。ご名答お待ちします。

最近の我が家の話題、そして疑問。

・教養って何でしょう。どうして必要なんでしょう。教養を身に付けるには?

・どうして本を読むのでしょう。読書によって得られるものは?

・サラリーマンが仕事帰りの飲み屋でお喋りが好きな理由。おしゃべりの内容は?

・夫婦の会話について。よそのご夫婦のおしゃべりの内容は?

・女性はなぜお風呂で読書が好きなのか・・・。

まだまだ続くが、まずは、こんなとこから・・・・。

最近、いろんな方の、素晴らしいお仕事や、お言葉や、お心遣い、もちろん演奏などから感心させられることが多く、そこからいろんな疑問や興味が湧いてきて。なんだか、すごいんです。。
こんな状態で、もうすぐリサイタルなのに、わたしの頭の中は大丈夫なのか知らん。
[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-25 19:06 | あれこれ・・・ | Comments(1)

美顔

マッサージ、そしてエステ・・・。昔から大好き。私は歌手だから体が大事、顔が大事(結構顔がこるんですよ)と、言い訳してあっちこっちと顔を出していました。

今の一番は、姉の美顔ヒーリング。ヘアメイクアーチストとして長年グラビアアイドル達のきれいを作ってきた人の技。それは化粧に頼るのではなく、本当に美しく、輝いて見えるようにマッサージやリラックスした環境づくり。若いお嬢さんたちには、時には母の様に健康管理に気を配り撮影に臨ませることもあるらしい。特に泊りのロケだったりする場合。
姉に言わせると、すっぴんが誰でも1番かわいいらしい・・・・・。

そんな姉のサロンにマッサージベッドが入りました、いよいよ本格的。ヒーリング環境が整ってきました。
b0107771_07267.jpg

[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-16 00:07 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ビールも飲みました

演奏会のあとに・・・
b0107771_23482850.jpg


ベルリン最終日、朝11時から1時半まで合わせ。夜8時半から10時半までレッスン。ボアマン先生、無理言ってゴメンナサイ。校舎の閉まる時間までレッスンしてくださいました。感謝。でももちろん全曲はできませんでした。

写真を撮る余裕もなく、集中して勉強しました。でも、ちょっと残念。村田さんとボアマン先生の写真もご紹介したかったのに・・・・。

歌だけに集中。4日間も練習したぞ!まるで講習会のようなベルリン滞在1週間でした。
[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-09 23:51 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

フィルハーモニー

シューベルトの夕べ

あのでっかいホールでリーダーアーベント!!!!
でも私は当日券12ユーロで正面の良い席に座れたのでした。ちなみに舞台後ろの席は8ユーロ・・・安すぎます。偶然会った友達は、そこのチケットを買って、空いてる正面に移ったのだとか・・・・・・。

Dorothea Roeschmann
(先日学生達と彼女がパミーナを演じるDVDの魔笛を授業で見たばかり)

Ian Bostridge
(去年はコンチェルトハウスの小ホールでシューマンを聴いた)

Thomas Quastoff
(やっと会えた~!!演奏前に一言二言三言・・・・。携帯の電源を切れ・・とか、咳をするな~とか・・・神経質そうな要求を笑いに変えてお客さんにお願いしていた。ムードメーカー。すごい声量。

Julius Drake (ピアニスト。どんなにフォルテでも柔らかく、どんなにピアノでも輝かしく、早くても、遅くても、どんなテンポでも心地よく、インテンポに流れ行く~~~~。,ah~
インテンポ・・・ベルリン最後のレッスンで指摘された私の弱点・・・・・。言葉も大事、でも、やっぱり音が流れての歌曲です。すてき!キレイなだけじゃないの!上手いだけじゃないの!音楽なのです。詩なのです。日本にもこんなピアニストがいたらな~)

素晴らしいメンバーによるゲーテ、ヴィルヘルム・マイスターとファウスト、そして他の作家の作品のアンサンブルなど。

わたしったら・・・かなり、相当刺激されて・・・ちょうど次回に勉強しようと思っていたゲーテやる気満々。

グレートヒェンが本当に、本当に、最高に、涙が出るほど素晴らしかった。この名演が聴けて本当によかった。一生心に残る、私の最高の演奏になると思う。

どこがそんなに?って聞かれたら、別にどこも・・・と答えましょう。ただただまわる糸車・・・事件が起こるわけでもなく永遠に続くかのように・・・そして、ひいては寄せる大波が何度襲っても決して破綻することがなく、高揚して、高揚して・・・臨界まで達したかのようでも爆発することはないが激しく燃え滾る感情・・・・・ああ、私の胸も熱くなる・・・・・・。

b0107771_23391175.jpg


舞台の主役達が登場前


b0107771_23392787.jpg
b0107771_23393918.jpg

[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-09 23:41 | 演奏会に行った後に・・ | Trackback | Comments(3)

ボーデ美術館

b0107771_2383650.jpg


改修工事を終えて再開しました。ゴシック・ルネサンスの美術品の数々・・・つまり宗教がが多い。涙に暮れる聖母マリア・・ラクリモーザの世界を写してきました。

b0107771_2333579.jpg
b0107771_2384753.jpg

[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-09 23:12 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(5)

写真 ドイツ歌劇場 眠れる森の美女

b0107771_2256425.jpg
b0107771_2257270.jpg
b0107771_22584362.jpg



Polina姫・Malakhov王子
[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-09 23:01 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(2)

ベルリン

リハーサルのためベルリンに来ています。氷点下の寒さ、既に初雪が降ったそうです。
既に3日間の練習を終え、明日は休日。月曜にまた練習して、火曜日はもう帰ります。短いなあ・・・・。それでも、バレエやコンサート、美術館に行きました。蚤の市もちょっとのぞきました。明日も近所の蚤の市に行って、明日は日曜でもスーパーやデパートの開いている日なのでお買い物に歩く予定。でも、今回も荷物が既に一杯で、お土産は少ししか持って帰れない。
写真は帰国してから公開しますね。
[PR]
by saori-kitamura | 2006-11-05 10:12 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧