<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ピアノのお稽古、2

昔の教材と言えば、「バイエル」であったが、今は海外から入ったものもたくさんあり楽譜コーナーにずらりと並ぶ。私も以前子供の生徒にレッスンしていたとき、雑誌や本を読んで教材の研究をしたが、初めてピアノを習う子どもの気持ちがなかなか掴めず試行錯誤を繰り返した。

挿絵がキレイで、右手、左手同時に使い出し、ト音記号、ヘ音記号の難関を上手い具合に突破できて・・・・などなどがポイントだが、どれもピンと来ない。

決定版は見つけられなかった。

長女には、シリーズで何巻も揃っている簡単で挿絵の美しい幼児向けの教材と、やはり幼児向けの指の訓練を目的とした教材を合わせて使わせていたが、何巻に上がった時だろうか・・・、急に難しくなり、頭で曲を理解しても指がついていかなくなった。
幼児向けの教材だけだと、指の訓練が足りずに、古典のスタイルの曲に入ったとき突然難しくなってしまうのだ。

考えたところ、指の練習曲はやっていたが、ほんの8小節程度。3回弾いてもタカが知れている。

それにくらべ、昔ながらのバイエルは指の訓練に関しては、徐々に難度と小節数も増え、そこそこ上達出来るようになっていると思える。ただ、曲のスタイルや、両手ともト音記号だけの楽譜ではじまるなどなど問題もあるのですが・・・。

娘の場合、一旦現行の教材を中止して、バイエルの簡単な曲に戻り、一見同じような曲ばかり・・・詰まんない・・・・練習曲をさせることにした。もう年齢的にも大きいので、表題や、歌や挿絵で興味を引く必要もなくなったし・・・。

バイエルを練習するわが子を見ながら、わたしは先日も述べた「ゆとり教育」を思い出した。

ピアノは指の訓練だけでは、決していいピアノを弾くことはできないけれど、さまざまな経験や、興味や、刺激からピアノへの興味、音楽への興味が湧きあがってきたところからは、自主的に、厳しくても、時に苦しくても、「練習」にとりくまなければはならない。そうしなくちゃ、弾きたい曲が弾けないんですもの・・・・・。

教えるものも、今苦しくとも、後で分かる・・と心を鬼にして、課題を与え、励ましていかなければならない。いつかはあの曲が弾けるようになるよ・・楽しみだね・・・っと。

勉強も、同じなのではないかなあ・・・・・・。バランスが大事。基礎が大事。そして繰り返しに耐える体力も大事。

円周率3.14・・・こんなの覚えたって、なんの役に立つのか分からないよ・・・と言われても、「およそ3」なんて簡単に通り過ぎず「3.14」と教えて欲しい。「およそ3」には、その後の興味の広がりに可能性が少ないが、3.14・・・・・・・・・・・・の後には、限りない興味が広がっていると思うから・・・・・。

なんか、よくわからないけど、そんな気がする。可能性が広がる勉強・・・・果たしてゆとりの中にあるのだろうか。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-01-26 19:58 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ピアノのお稽古

先週から娘達がピアノのお稽古をはじめた。
小学4年生と1年生だから遅いスタートであるが、別にピアニストにしたいわけでもなく遅すぎることはないと思う。

先生は私の友人。毎週通ってきてくれる。ついでに私は歌のお稽古にも付き合ってもらっている。

子供達へは、小さいときから私が時々鍵盤の触り方や音符の読み方を教えてきた。
しかし、親が教えるのは大変な忍耐力がいる。

長女が幼い頃は、次女にはまだ手がかかり、私自身の勉強も「家庭や子育てを理由にしてはならぬ!」とばかりに無理をしていたので(家庭でも、歌を理由にしてはならぬ!・・の勢いで無理をしていたと思うのだけれど・・・)、一切の用事を置いておいて、娘とピアノに向かい合い、じっくり時間を使って練習を一緒にしてあげる余裕がなかった。

一回で理解しなければイライラし、そんな私にすぐ反応して娘は、「わからない~」とぐずりだし、「ママは忙しいんだからちゃんとやりなさい!」の一言で泣かせることなり、「1人で出来るまで練習しなさい!」・・・と泣く子を置いてきぼりにして、私は後ろを向いてダメな母親だ・・と自己嫌悪。

この構図は、ピアノのお稽古に限らず、いろんな場面で繰り返してしまった。

お習い事などの決まりごとが増えると、親も子もいっぱいいっぱいになってしまうので、なるべく自由に、私自身が一緒に遊びたい・・と思える時に、やりたいことを一緒に取り組む・・・なんともわがままな母親ぶりで過ごしてきてしまった。ピアノに、バレエに、英語に、スイミングに・・・と子どもに付き添うお母さん方を「えらいなあ~・・・・」と、横目で見ながら。

そんなこんなで時は過ぎ、それでもピアノは決まりは作らず思い出したように弾いてきた。そして、昨年の帰国後からは毎朝ほんの数分だが、毎日ピアノを弾く(触る?)と約束をした。2人ともピアノが弾けるようになりたいと言ったから。習い事ではないから、好きな曲、時には音楽の授業でやっている曲などを耳で音を拾って弾いたりしていたが、無期限に飽きるまで、好きな期間、弾けるようになるまで同じ曲を練習してよいことにして、毎日続けた。

同時に、家事のお手伝いも始まった。毎日、朝と夕方のお手伝い。

これが、結構大変なのだか(私は結構楽してる?)ブーブー言いながらちゃんとできる。

帰国後、次女が入学してからというもの、学童と保育園の2箇所の送迎がなくなり、(学童へ次女のお迎えは4年生の長女のお手伝いのひとつ)常に、遅刻しちゃいけない!!っと、時間に追われる感覚からすっかり解放された。

ベルリンでの苦労で3人とも成長したのかもしれない。

これなら大丈夫!と、私も自信が付き、いよいよ「ピアノのお稽古」が始まった。

次女は、そんな「母と姉」のやり取りをじっくり観察してきたので、なんでも要領よくやる。ピアノも然り。

きのう、お稽古2度目を終え、初めて宿題に○を貰った。二人ともうれしそう。やっぱり1人で練習しているよりも、張りができ、練習にリズムも出来てよいのだろう。先生が大好きだ。練習も順調。

世間的には遅いスタートだが、この子達にはぴったりの時期であったと思う。
そして私にも。

しかし、実際には、二人のピアノ教育に関しては、長いこと考え、観察し、種まき、みずやりを続けてきたとも言える。だから本当は、遅咲きだけど、スタートは遅くなかったのかもね。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-01-26 11:31 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

学校公開

先週土曜日は、娘達の通う小学校の学校公開日でした。1時間目から6時間目まで夫婦で(夫は3時間目まで)参観しました。

ゆとり教育について、そして教師の指導力について、または教師としての資質について、たった1日、1年生、4年生の2クラスを見ただけでしたが、多くの疑問と不信を抱いてしまいました。

これまで、家庭にて子どもから聞く授業の様子、宿題の様子の「どうして?」に「なるほど」と、納得しました。


授業はそんな、ちょっとがっかり・・・な感想でしたが・・・・
授業に参観してよかったと思います。


いいなあ~と思ったことは、
土曜日と言うことで、多くのお父様方も、おじいちゃん、おばあちゃんもいらしていたことです。

PTA役員の方たちも積極的で、いわゆる「PTA役員さま」のようなイメージはなく、お母さん仲間で仕事を分担して皆で頑張りましょう・・・といった気持ちのよい方々です。

私達の地域は、地域活動が盛んな、そして親の世代から、子の世代へ上手く代替わりが出来ている、とても良い環境の地域だと思います。お父さん同士、お母さん同士、子ども時代からの知り合いの場合も多いようです。

夫もそのひとり、地元に帰ってきたひとりです。

学校にいろんな地域の方々が関わり、見守り、子供達を育ててくださっている・・と言えるでしょう。

だからこそ、なお、先生方、お願いします。もっと・・・勉強してください。そして、子どもにもっと勉強させてください、学校で。

そして、集団生活の基本、時間を守って(授業が時間内に終わらない)、メリハリのある学校生活を送らせてください。勉強は学校で、挨拶等の生活の基本は学校を含む日常で、宿題は時間内に授業を終えられない先生からのお土産にはしないで下さい。

放課後は友達と遊び、夕方約束の時間に家に帰り宿題とお手伝い。いっぱいご飯を食べて、家族でテレビを見て笑い、ゆっくりお風呂に入って早く寝る。ただ、それだけを目指しているのに、毎日時間が足りない我が家です。

でも、ちゃんと9時に寝る、寝せる我が家の子どもたちです。

親も生活の段取り、時間配分の見極めが大事ってことでしょうか。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-01-22 23:59 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

期末試験 新年会

木曜から短大が始まりました。本来は試験期間中にするべきですが、本命の英語などの試験の邪魔になってもいけないし、ゆっくり採点して学生に返したいので、早めに試験を実施。

問題1:授業で鑑賞したオペラとバレエの作品名と作曲者名を、作品の古い順に書きなさい。

答えは3人の作曲家に、4つの作品名。

結果は・・・・・・。かなりショッキングな回答続出。

年末、ちゃんと作品名と、作曲家と、主人公の名前は覚えてきてね・・・て言ったのに・・・・・・。

せめて、モーツアルトぐらいは書いて欲しかった・・・・・だって、去年は世間であれだけ騒いだんだから、音楽知らない人でも名前ぐらいは覚えているでしょ???それに、あの方はまだ「かつら」をつけている時代の人ですよ・・・・・チャイコフスキーより新しい時代の人であるはずがない。音楽から時代が分からなくとも、想像がつく・・というものではないかしら・・・・・・・。大体バレエの発展の話しをしたではないか・・・・・オペラからバレエは独立発展したって。

と、はじめはがっかりしたのだが・・・・・・・・

私は子供のころから特別に音楽の教育を受けたわけでもない、普通の女の子で、私でも知っていた音楽のことぐらいは皆も知っている・・・・と、あったりまえに勝手に思い込んでいたらしい。

知らないのだ!!ピアノを習っていようとも、合唱をやっていたとしても、モーツアルトを知らないのだ・・・・・・・・・・・。

私がサッカーのルールがわかんなかったり、チームの名前や選手の名前がぜんぜん分からないように、彼女らはモーツアルトを知らなかった・・・・・

毎授業のあとの感想文からは、みんな興味をもってオペラやバレエを見ているようだったが、本当に何か心に残ってくれたのだろうか・・・・。

彼女らはとってもかわいい、お行儀も良い、普通の、真面目で優秀な女子短大生なのだけれど・・・・
どうして、こうなっちゃうの?

教え方の問題だなあ・・・・もっと研究しなくては。

来年からは、もっと気合を入れて「授業」をしなくてはいけないかもしれない・・・・
「授業」なんて詰まんないのにな・・・・・・。

ちなみに、問題2は、上記の作品から女性を一人選び、その女性について自由に述べなさい。
え~・・・・・・ほとんどが作品のあらすじを書いて、最後にちょっと「・・・・・・だと思いました」みたいな感想をつけているだけだった。

目立つのは字の汚さと、文章の幼さ。

大丈夫だろうか・・・・・・これからの日本。

昨日は「そよかぜコーラス」の新年会。皆は私のことを「先生」と呼んでくれるけれど、私の気持ちは「お友達」。とっても素敵なたくさんのお友達。楽しい時間でした。

でも、飲みすぎて今日は二日酔い・・・・・・。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-01-13 15:35 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(2)

お正月のイベント

歯医者に行った次の日は映画に家族で行きました。
「シャーロットのおくりもの」

とってもキレイで、心温まる、美しい映画でした。ウィルバーかわいいです。

夫は、ボロボロ(涙)来てました。

南大沢で見ました。車で15分。駐車券で映画の割引もあるし、ポイントが溜まれば映画がただになる。便利です。昨年末は「硫黄島からの手紙」も見ました。今度はマリー・アントワネット見ます。ドリームガールズも見たいです。

帰国してから、毎週すごい勢いで映画を見て、本を読んでます。

家のテレビがケーブルテレビになって、HDD録画も出来るようになったので楽しんでいます。

先日はベルリンで見た、ベル・フィルの「ヴァルト・ビューネ」の放送も見ました。なつかしかった!!

そして、休みは終わりました。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-01-09 22:12 | あれこれ・・・ | Comments(2)

今日から通常 そして歯医者の話

今日から子供達の学校も始まり、通常の生活に戻りました。

お正月、元旦、2日は私、夫それぞれの家族で集まる。
3日は目黒に住む姉の家に家族で出かけた。夫がヒーリングを受けている間、私は娘達と目黒初詣ツアー。まず大鳥神社、天恩山五百羅漢寺、目黒不動尊。みんな徒歩圏内です。こっちでおみくじ、こっちでお守り、こっちで焼き鳥とたこ焼き・・・・ってな具合で、気持ちよいお散歩でした。

4日から夫は仕事。私は近所の歯医者へ・・・・

5日はトナカイ。今年初営業日への出演なので、紅白のドレスで賑やかに盛り上げる。
家族と母、ご近所の奥様が来てくださり、まるで身内のための営業のよう・・・・。

6日は子供達の矯正歯科へ家族で出かけた。ちょっと遠くて横浜を通り越し、京成富岡まで。雨でなければ帰りに横浜で寄り道しても良かったのだけれど、残念。

次女は歯の発達に問題があり(生まれつき乳歯が1本作られていなかった!つまり生えてこなかった!ため、永久歯のため歯並びの矯正が必要で・・・)数年前から矯正を始めたのだが、今年から長女も矯正を受けることになった。あごに比べ歯が大きくて、乳歯が抜けたあと、犬歯が生える前に隙間が埋まってしまったのだ。つまり八重歯が生えてくること100%。今から正しい位置に歯を整えて永久歯を正しく導いてゆく計画。
歯は大事。矯正は多少お金が掛かるが、将来、痛い思いや保険外の治療に払う金額を考えれば、かえって安いのかも。(実感・・・・・・涙)

それに乳歯の頃から治療を始め、観察していけば、将来ブリッジなどをかけなくても済むように軽い取り外しの出来るプレートだけできれいにしてゆくことができるそうだ。しかも、プレートは1度作れば数年使えるからお金は1回だけでいい。しかも、しかもブリッジよりも半額以上安く治療できる。

渡辺先生は、ウィーンでお勉強なさった矯正専門の先生。音楽通でリサイタルにもご家族でいらしてくださった。そう、お花を下さったかわいい坊ちゃん達はご子息。

私も子供のころ、取り外し可能な装具で矯正していたが、先生の技術が悪かった・・・。適当なところで治療が終わってしまい、さらに、成長とともに歯並びは再び崩れていってしまった。

だから、私もこれから子供達と再び一緒になおすつもり。

小学生のお子様をお持ちの方、渡辺先生はすばらしいです。
渡辺先生に出会ったことは、きっと子供達にとって一生の宝になるに違いない。

だって・・・歯は大事だもの・・・・・。

(実は、ベルリンに行く5ヶ月前、ピザを食べていたらなぜか前歯が折れて・・・・激痛。母乳だったので子どもにカルシウムとられたのね~~~~。とりあえず歯を入れてベルリンへ。しかーし、ベルリンからポーランドへの演奏旅行前日にその歯が取れたのでした・・・・・・・・。まさか、ベルリンで歯医者に行く羽目になるとは。ああ・・恐かった・・・・・)
[PR]
by saori-kitamura | 2007-01-09 18:34 | あれこれ・・・ | Comments(1)

あけましておめでとうございます

晴れ晴れと、すがすがしい元旦。
気持ちのよい新年のスタートです。

今年もよろしくお願い申し上げます。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-01-01 23:31 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧