<   2007年 09月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ぼやいてにっこり

前回のぼやき、思いの他応援の反響を頂いてありがとうございました。

あの日は午前中にぼやきを投稿して、その後封筒の山を抱えて、郵便局を口実に走りに出かけた。昼間走るのはめずらしいので、早朝や夜は怪しまれるので入らない路地なんかをぐるぐる。実家から、今の我が家に上ってくる道は、子供の頃、亡き父と良く散歩をした。我が家は今は広大な住宅団地だが、私の子供の頃はまだ開発中の山・山・山だった。藪に囲まれ薄暗い道、藪の中に農家の大きな家がぽつぽつ見えていた記憶。春に歩けば、スミレ、薇などの山草、時には木の芽を摘んだり、掘ったりして持ち帰り、庭に植えたり挿し木したり・・・。今はいけないだろうけど、当時はいっぱいあったので・・・・・。水を引く前の田んぼは一面の蓮華畑、あぜ道でせりやつくしを摘み、用水路にいる魚やザリガニで遊んだ。
今は、どこにも、陰すらない。藪は開かれ、モダンな家が続く。途中、開発で道も変わったのか、どこにいるのかわからなくなってしまい、あてずっぽに走る。

そして帰宅後おふろ。1人ゆったり昼間のお風呂。贅沢だね~!気分はすっかり良くなって・・・そしたら電話。ごめんね、お風呂中♪なんて思っていたら、チケットのお申し込みだった。その後も電話が何度もなり、なんとこの日の午後は4件のお申し込みを頂いた。

表の顔と、裏の顔・・・こう私は表現したが、通常は私はおそらく「表の顔」が自分でも自分らしいと思って、それが普通で生活している。だから「裏の顔」なんて物の存在は忘れているのですが、時々「頑張ってあなたを支えてる私を忘れないで!」と、どこからともなく顔を出す私もいて、それが裏の私。

そりゃ、いろいろあります、思います、悩みます。でもいつもは頑張れます。でも、時々頑張れるけど、だけど、だけど、辛いこともあって、それを引き受けているわたしのことも忘れないでよっと、裏の私は言ってきます。だからそういう時は、裏の私を表に呼んで、時々自由にさせてやる。多くの場合、そのお顔を拝むのは家族と親友Nちゃんとなるわけですが、今回はたくさんの方にその存在を認められ、しかも励まされ、それは、それは大満足をして、また心の奥底に戻っていったのでした。

先日読んだ「感じて動く」佐渡裕 聞き手 辻秀一
ここで、佐渡も本当の自分を知っているのは妻だけだ・・といっていた。
この本、何を頑張っていいのか、何が自分の人生の中で優先させるべきことなのか、ちょっと迷っちゃった人には、お勧めです。

佐渡といえば「感動」・・・ってなかんじですが、

チャレンジは常にリスクや恐怖、不安を伴う。チャレンジには勇気が必要だ。
それを乗り越えてこそ、大きな感動がある。
しかし、無謀なチャレンジは感動を生まない、地道は知識とスキル獲得がなければチャレンジの向こうにある自由もやってこない。

この箇所は、あとがきに聞き手役の辻氏が取り上げた部分だが、大したことが書いてあるわけでもなさそうで、す~~ぐに読めちゃう本でしたけど、なんとなく、ああそうよね・・・・あなたでも??と、会話に参加したくなるような本でした。

対話本といえば、急に思い出した。
「音楽」という、小澤と武満の対談集を出版は古いが、わりと近年に読んだ。
この人たちの対話には、とても参加できないな・・・・すごすぎて・・・時代も違うし。

その点、佐渡は身近だね。こういう指揮者がいてくれることは、もし私が今アマチュアの楽器吹きだったとしても、今の現実アマチュアの方たちと音楽を楽しんでいるプロの私としても、ありがたいことです。「感動」はみんなのものだよね。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-28 10:26 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

歌手のぼやき・・・・

ここ数日、頭の中は演奏会の宣伝のことでいっぱい・・・・・
「二期会週間」
う~ん・・・・・どうしたらいいんだ・・・

メールを送り、DMのご案内状を印刷しては、お手紙を書き、チラシをたたんで封に入れ、宛名を書いて、封をして。。。。。。。何通でしょうか・・・

名簿や、住所録をひっくり返しては、ああどうして私には友達が少ないの!!!・・・と悲しくなる。
そんなことも言ってられず、貴重な練習時間を削ってまでも頑張らねば!と、気合を入れる。

しかし、毎度のことだが、この演奏会へのお誘い・・・とっても苦手。
だって・・・・・メールも、お手紙も、ほとんどお返事をいただけない場合が多い。皆さんお忙しいのだから仕方がないのだが・・・興味を持って見て頂けたけど、ご都合が悪かったのか、ああまたか・・・・・と、思ってらっしゃるのか、実は大変不安に感じているのだが・・・・・・。
直接お電話するには、あまりにもご無沙汰過ぎて失礼だし・・・・、どうしよう・・・ああしよう・・・・・と言ってる間に本番がやってくる。

お客様、あんまりお呼び出来なかったなあ・・・
あの人からも、この人からもお返事ないし・・・・・と思ってると、なんだかさびしくなちゃって、本当はだ~れも私の歌なんか楽しみにしてくれてないんじゃないの・・・・・という気さえしてきてしまう。

もう本番という時期に、そんな思いを募らせて練習に身が入るわけがない。

歌手が自分でこの作業をしなきゃならない、宣伝を歌手任せの現状は、辛すぎる・・・。
ファンクラブをお持ちで、そんな事務仕事はしなくていい方もおられるけれど、まったく心配なしなんて方は、本当に一部のスター歌手の方のみでしょう。
いや、どんなスターでも苦労なさっていると私は思うなあ・・・・。

もっと私を知らない人にも、もっと、もっと聴いて欲しいのに宣伝に打って出る術もない。

ご存知の通り、この2ヶ月、演奏会が続いた。どれも、出演するにはそれなりの責任としてお客様を集めなければならないのだが、実は責任がしっかり果たせていない。本当はそれではいけないのに。でも、歌いたい。優先させたいことは、歌いたいということ。ああ・・ジレンマ。

やっぱり頼みの綱は、人脈です。1人が1人に声をかけてくだされば、あっという間に2倍です。
ねずみ算ですな・・・・・・ふぅ~・・・・・・
でも、そう簡単に、身近にクラシックを聴いてくれる人などいない、しかもオペラだし、遠いし・・(うちは田舎)そこが辛いところ。

歌手のぼやき。
いつも、応援してくださってる皆さんには感謝!!いつも無理言ってすみません。
応援してくださる皆さんのためにも、たくさんお客様を呼んで盛大に盛り上げたいと思うのです。
ほんとうに。

明日から短大。レジュメを作らねば・・・・・。
ああ・・・もうこれまでか・・・

とにかく練習もしなくちゃね。それが何より肝心よ!

今日は、まったくのぼやき節。ごめんなさい。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-26 08:47 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(6)

横浜シティオペラ マエストロ時任康文

そんなわけで、かなフィルとの共演は楽しかった。

そして、マエストロも、なんか私と同じ血が流れてる感じのする(マエストロ・・・ごめんなさい)躍動感をお持ちだと、直感。
稽古ではお互い「大丈夫そうですね♪いけそうですね・・・・ぐふふん♪」
さらっと稽古は終わって、いざ本番。

今回も   プレッシャー
先輩方、仲間達が見事に歌われるのを、じっと控え室にて静かに尊敬申し上げ、いよいよそのときがやってきた。これまた、プログラム上致し方ないとはゆえ・・・。
本当に歌わせていただけるとは思わなかった「椿姫」のヴィオレッタ・・・・・。
最後のEsがこけたらコンサート全体がしょんぼりになっちゃうぞ~~と責任を感じつつ、逆に、もうお客様も名曲、大曲をたっぷり堪能なさったでしょうから、ここは一発、気前よくどーーんといっちゃえ!!などど、開き直り半分で舞台に。

そんな開き直り部分が表現されたメイク。見事にへんし~~~ん!!
そこまでやるか~~とつっこまれ、ここまでしないと恐くて舞台に上げれません・・・と半泣きの私。

演奏を終え、汗だくでの写真撮影。マエストロと。安堵の表情・・。
b0107771_22491277.jpg

b0107771_22505132.jpg

b0107771_2257139.jpg

[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-24 22:57 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(6)

横浜シティ・オペラ 神奈川フィル

昨日は横浜の県立音楽堂にて、横浜シティオペラのガラコンサート。
(神奈川フィルハーモニー、時任康文指揮)

特記すべきことは

神奈川フィルハーモニー、すばらしい!!すごいぞ!

噂には聞いていました。かなフィルの変化。新しく巨匠シュナイト氏(私は知らないんですけど・・・)を迎え大特訓されてるらしい・・・とのことですが、たとえば「題名・・」なんかのテレビで見ていてもあんまり気が付きませんでしたけど、共演してみたら、驚きの変化でした。
前回の共演の時は・・・3年前でしょうか・・・。そのときは、自分も横浜シティへのデビューにして難曲「キャンディード」に挑む、しかもプログラム上致し方ないとはいえ、取りを仰せ付かった・・・・・・とあって必死・・・、マエストロ(円光寺さん)とのコンタクトどころではなく、オケがどんなだったかなんてあんまり記憶にない状態。ただ、曲が曲だけに、オケもかなりバタついた印象でしたが・・・。だいたい、かなフィルの記憶は10年とか、15年とかさかのぼって、半ば素人の耳でも、正直、下手だなあ・・・といった記憶。(ああ・・・ごめんなさい)

本番前日のオケ合わせは、自分が終わった後も残って勉強させていただいたんですが、前日の合わせで、こんなにアンサンブルが整ってる稽古はめずらしいじゃん!!と思いました。指揮者云々ではなくて、オケの音がそうなってる感じです。管なんかも、スター選手はいないけれど、滑らかな響きが楽器間をつむいで行きます。なんというか、腰のしゃんと伸びた演奏・・といった感じ。

本番前のGPも、本番も聴けませんでしたけど、家族の話だと私と同じ印象のようです。
あと味がよい。

オペラも、ポップスも、何でもやる神奈川フィル。
今回もかなりの緊張で本番に臨んだ私ですが、かなりの安心感と、オケと演奏できる喜びを与えてくれました。感謝!!
b0107771_1264796.jpg

[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-24 12:02 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(2)

蒼生会

昨夜は蒼生会

みなとみらいホールに行かれたことはありますか?

みなとみらい線が乗り入れて、本当に近くなりました。渋谷から20分あまりですかね?
雨でも外を歩かなくていいし、今年の夏のように暑い日にも助かります。都内でも地下鉄を乗り継いで、さらに歩いてと動いていたら、すぐ20分です。

ロビーからは横浜の港が見渡せ、ホールも響きがよく、程よい広さ。ちょっとリッチで優雅な気分を味わえます。それが横浜。さすが横浜。

さて、昨夜は久しぶりに先輩や同級生にもお会いして、お喋りに花が咲きました。
これから歌うのに・・・・・発声練習とばかりに、学生時代のこと、子育てのこと、家庭のこと・・・・・。

芸大の院時代は辛かった・・・・と、お互い頷きあったのは、A先輩。今はお互い娘が2人。

院に上がる。ストレートの人もいれば浪人してきた人もいて・・・・当たり前のように一緒に授業を受けているけど、実はとんでもなく才能溢れる人ばかり。先生方も学部の頃と違って「プロ養成」モードになり、それまでは一対一だった先生と生徒の関係、つまり門下の壁は薄く低くなり、同じ声楽家として舞台に立つ後輩を育てる・・といった先生方の期待を一気に感じるようになる

授業は授業だが、その過程にも演奏会があり、終わりも演奏会である。学ぶだけではダメなのだ・・・・・私達に要求されていることは・・・。

そこで、先生に、そして仲間に付いて行くのが必死の自分が見えてくると・・・・才能がないのか、努力が足りないのか・・・・・深い苦しみに入ってしまうときもある。

がむしゃらだったねえ・・・・と、オバサンになった私たちはあの頃を振り返り、今は歌うのが楽しい、うれしいね~と締めくくった。

あのころ、がむしゃらで辛かったけど、今はその頃学んだことを、今こうして引っ張り出して楽しむことが出来る。今はまた新しい学びがあって、こうして、わたしたちを見捨てずにいてくれる先生もありがたいねえ・・・・・と、いった具合。

その先輩、私の前に舞台に上がり、シェーンベルクの難曲を見事に素晴らしく歌いきった。今はまだ手のかかるお子様のために演奏活動は控えているそうだが、このコンサートのために新たに勉強したのだという。こういう先輩がいるのだから、まいっちゃうよなあ~。

他の出演者の方たちも、若い方から人生の先輩まで、各々の声楽家としての命を吹き込んだ歌を歌ってらした。それは、決してお客様を喜ばせるだけの歌ではないことは、このブログの読者の方たちには、すでにお分かりのことでしょう。

そして2時間を越えたコンサートの締めくくりとして、私も舞台に上がった。
緊張していたが、気負いは抜けて、なんだかあったかい気分で歌うことが出来ました。

朝倉先生と。演奏を終えてロビーにて。
b0107771_1348426.jpg


b0107771_13495118.jpg
b0107771_1350786.jpg

五右衛門の妻さんから頂いたお花を玄関に飾る。せっかくステキな花なのに花瓶が決まらず、また花瓶が欲しくなる。収納場所がないよん・・・。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-19 13:52 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(1)

友人のありがたさ

先日、友人から突如このブログに連絡を貰った。

ネットをお散歩中に見つけてくれたとか。

かつて参加した講習会でペアを組み一緒に勉強した友人。その講習にはフリーで参加しても事務側がピアニストと歌手をお見合いさせてくれて、ペアを組ませてくれる。

そんなわけで、彼女と知り合ったわけなんですが、
勘がよく(だからちょっと繊細なの)、
勘を信じる勇気があり(だからちょっと頑固なの)、
それを支えるピアニストとしてのテクニックの研鑽に手抜かりなく
(だから結構ストイックなの)、
伴奏者としての研鑽に情熱を傾ける(だから結局信用できる)人です。

私よりも先にベルリンへと留学していた彼女には、留学の準備の段階で相談にものってもらった。留学時期がずれていたので、一緒に勉強できなかったのが残念だった。

そんな彼女がブログで、それはちょっと買い被りすぎだよ・・・と、わたしのことを紹介してくれた。

彼女と勉強した頃は、産休から勉強と演奏活動を本格的に再開した頃で、とにかく勉強が楽しくて、それを評価してもらえるチャンスにも数多く恵まれて、最も勉強が順調に進んでいた頃。

まあ、生意気な頃でもあったわけですが・・・。

それから、数年・・・・演奏家として経験を積んだ今、上手くいかないことも多く(つまずくことの方が多っかたかもしれない)、時に自信を失い、やる気を失い、惰性が見えてきそうな・・・そんなこともある今、彼女から、「私が私であることの責任」のようなものを気付かせてもらって、教わったような気がしました。

やはり、人のつながりは温かい

渡辺雅子ちゃんのブログ「雲の部屋」http://blogs.yahoo.co.jp/wolke2224/20788615.html
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-17 13:40 | リンク | Trackback | Comments(2)

お願い

今週は蒼生会、来週は横浜シティオペラのガラコンとコンサートが続きます。

体力、精神力の管理が難しいところです。

そして、その後、来月は二期会週間(赤い字をクリックしてね)に登場いたします。
しか~し・・・・この連続演奏会・・・私達には厳しい現実が・・・・・。

このシリーズは、本公演のような格式と伝統を誇る二期会とはガラリ変わった趣向で、2000人を越える大声楽家集団「二期会」の層の厚さ、幅の広さ、芸?!の広さを示し、お客様に大いにお楽しみいただこう!!と言う企画なのです。

そこへ我々、若手ながら、イタリア歌曲、イタリアオペラハイライトを料理に見立てコースで味わっていただこうと登場することになりました。

歌手はすでにおなじみ・・・。ピアニストは二期会の歌手達から絶大なる信頼を集め、数々のコンサートで鮮やかな音色と歌手捌きを見せている山田さん。

そして、チラシにはございませんが、進行役として俳優・オペラ歌手の両方でご活躍の石鍋多加史さんをお呼びしています。

ねっ楽しそうでしょ!

ですが・・・・・・・ベテランの先生方、そして趣向を凝らした演出の公演が1週間も連続なのです。
どうしても、二期会のお客様は分散、人気の差は、はっきりと問い合わせ数に出ておりまして、まだまだ客席を埋める程の個人のファンを持たない私たちは、「集客」という試練で窮地に立たされております。

私のリサイタルなら、お客様の数にはこだわらず、来てくださったお客様に感謝して・・・歌えますが、今回は集団の中の責任・・・というものもありまして、出させていただくからには赤字にするわけにはいかないと・・・・・・・・・・。

そして、集客も実力のうち・・・ということも。
今後のためにも、こちらの方面もしっかり勉強しなくてはなりません。


どうか、皆さんにお知恵を、そして、「集客」の勉強の場をおあたえくださるようご協力をお願いします。

所属の合唱団など、チラシを配らせていただけるところ、出来れば手渡しできて、そこで宣伝のために歌わせていただければ、なお幸いです。


そして、まだ私のアリアを聴いたことのない方、この機会にぜひ、ぜひ、私の声をお試しください。
サントリーホールは改修も終わり、アークヒルズ界隈は、きっとクラシカルな気分を取り戻し賑わっていることと思います。
きっとご満足していただける夕べになることでしょう。

舞台の上でも、舞台の裏でも、全力投球頑張ります。

応援を、ぜひ、お願いいたします。

チケット買ってください!!!!
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-16 16:39 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

無題・・・・だけどベルリン

出産、育児・・とはなしは進んだが、決して、女は出産するもの・・・とか、夫なりのパートナーとなる人がいなければ女じゃない・・とか、そんなことは思っていない。

そんなこと、この時代、当たり前か・・・。

自分の体は、自然の産物だと・・・・どうも忘れがちな私たち。花は談合などしなくとも、その時がくれば、その場所に一斉に花開く。虫達もしかり。だから私達だって・・・・・である。

ところで、最近は「ドイツ・レクイエム」の勉強を始めたのだが、そのためにCDを買った。
ベルリンフィル+ラトル+クヴァストフ+レシュマン
ベルリンで聞き逃した演奏だ。
ベルリンではおなじみの2人。聞きたかったなあ・・・・・。合唱もすばらしい。

そんでもって、ベルリンと言えば、りかこちゃん(赤い字をクリックしてね)。
ちょっと厳しいつながりか・・・・。

ベルリンのピアニストのお友達である彼女のブログを訪問したら、彼女らしい言葉で、問題提起をしていた。
私も常に感じていることだったので、うん・うん・うなって読みました。

先日書いたように、自分と比較することなく、相手を認めて教えていくことは非常に難しいと感じるこの頃なのである。

私と同じだけ苦労したって、所詮こんなもんなのよ・・・・だからもっとがんばって・・・・なんて、ついつい期待が膨らんでしまうのが、親心、先生心というものか・・・・・。
同じように・・・・同じことを・・・これがもっともいけない先生だと、もちろん私たちは肝に銘じて。

ちなみに、私はいまだに、泥んこの傷だらけ・・・・。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-15 14:16 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(2)

音楽は快感

前回では、わざわざ文章にしなくともわかっていることを、わざわざ書き出してみた。
あまり喜ばしくない言葉達に、ドキッとした方もおられよう・・・・・。

私も含め、笑って穏やかに過ごしているその顔の下では、自分でも見て見ぬふりをしながら、結構苦しい葛藤を、実に醜く繰り広げているものだ。しかし、こんな葛藤を和らげる本能を、本来女性は持っていたものと思われる。出産は苦しいものではなく、女性が喜んで体験したがる、いわゆる「至高体験」のような自然現象で、自然や宇宙、人々とのつながりといったものを感じるための「原身体経験」と、三砂は言っている。自然とつながっていると感じて生きる安心感が偉大な母の愛を生み出していたと言うことでしょうか。


病院での管理されて出産で、または出産しないという選択で、女性はそれを見失った。
男性の場合はどうなのだ?そんな女性に育てられた男性は、どう成長するのだろうか。

激しい修行、宇宙飛行の体験、非常に深い性の体験、激しい運動、ランニングハイで得られる快感が、それに近い快感だと言う。なかなか普通は得られない「快感」になってしまったと。
だから近流行のヒーリングなどの癒しから人々は原身体経験を求めている・・ということならば、

芸術家もしかり・・・かな。音楽にのめりこみ、頭も体も快感を求めている。私たちは快感を知っている。理屈っぽいことを言っても、結局「快感」を求めている私達。

お産で得られなくなった「快感」が音楽で味わえて、オニババ化に歯止めがかかるなら、こんなステキなことはない。

みんなで歌って、ハイになって、オニババ化を食い止めて、社会を平安に導こうではありませんか!!

なんて・・・・・。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-13 11:50 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

女の敵は女


オニババ化する女達~女性の身体性を取り戻す 三砂ちづる
を読んでいる。

女性の出産や性を通して女性本来の持つ力を考える本なのだが、大変興味深い話が多くて、たぶんこれから何度も参照することになるとおもう。

女性の敵は女性
私自身これまで何度も経験してきたことだ。

フェミニズムだのジェンダーだの・・とっくの昔から叫ばれていることだが、そのことによって、かえって世代によって、または境遇によって、育った環境によって、女性たちはお互いに葛藤を味わうようになったのかもしれない。

女としての体をいたわり、生かしていない女性は,女性の性と生殖に関わるエネルギーの行き場を失い、私達の世代も含め、日本は「総オニババ化」となると、彼女は言うが、ほんとにその通りだと思う。

おばあちゃんは、出産や子育てを通して、伝承に長けた人となり、やさしい「おばあちゃん」になるものだった。しかし、今はきつくて、恐いおばあちゃんが増えている・・・・。

自分の価値観、子育て論や、教育論、などなど信念を持った立派なフェミニズムを生きてきた女性の世代。それがちょうど私達の親の世代かな?母親からの伝承よりも、母世代からの脱却を目指した彼女達、その母親に育てられた私達、自由を手に入れるために、女の大事な生きるエネルギーを失ったらしい。


上の世代は、下の世代、もしくは同じ世代にでも?こんな風に思うものだろう・・

自分はやりたいことをがまんして、こんなに苦労して子育てや家事をしてきて、そして家族のために仕事もこなし、夫が家庭を顧みないことにも耐えて、だれからも女として扱われることもなく、それが正しいと思ってやってきたのに、他の人が簡単に人の手を借りて、要領よく、楽しそうに自分の人生を謳歌し、しかも、そんな人には友達もたくさんいて、何かしら才能のような物があり、家庭以外に世界があり、夫と仲が良く、しかも一緒に出かける男友達もいたりして・・・そんな自由許せない。

そんな具合に・・本来喜ばしいことが、ねたみに変わる。

しかし、オニババ化するのは女性だけではないと思う。
最近は「切れる大人」の問題が話題になっている。学校やデパート、どこにでも出没するクレーマー。電車でも些細なことで、声を荒げる大人。先日読んだ新聞記事ではうつ病も原因だといっていたが、日本国民総オニババ、オニジジ化しているのではないか?

そして、私自身も、子供達に、生徒達にオニババ化しないように気をつけなければ・・・・。
自分と比較することなく相手を認め、大事なことはもれることなく伝承していきたいと思うのであるが、
このお話は、さらにつづく。
[PR]
by saori-kitamura | 2007-09-12 23:02 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(2)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧