<   2010年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

合唱

近年の仕事で大きな比重を占めているのが「合唱」

ところが、私は合唱を知らなかった。

合唱部や合唱団に所属したことはない。

中・高生の時、合唱にはまったく興味がなかった。まだ音大進学も考えていないし、歌も始めていない。

大学では200人の大迫力大合唱で「ヴェル・レク」「カルミナ」「受難曲」などを歌っていた訳ですが、それも、将来自分がソロをやるかもってところに興味があるわけで、ソロのない作品を聴いたりはしない。

あ~!今、思い出しました。短大の時に合唱の授業ありました。
でも、まったく興味のない中で歌っていたので、あまり覚えていません。本番はありましたけれど・・・・・。何を歌ったかしら・・・・・・・。


やはり今になって、それでは仕事にならないのです・・・・・。

歌は歌でも、まったく違う世界のようなのです。

私には古楽器とマドリガルを歌うことなんて経験今まで一度もありませんでしたし、今後、外国作品の現代曲をバリバリ歌う機会も、たぶん多くはないと思います。やっぱり「声」って、1番歴史の古い楽器なんで、作品の時代が広すぎて、全てを専門性をもって演奏することは難しいと考えられています。

合唱曲も、マドリガルや宗教曲から、現代曲やアレンジモノまで幅広い。しかし、それを合唱人たちは、あまり抵抗なく、しっかり演奏なさる。指揮者もすごいよな~。

私にはまったく網羅できません・・・・・・・。


先日、学生たちの合唱の演奏会に行った。

グレゴリオ聖歌に始まり、自分たちでアカペラにアレンジしたポップスまで、様々な時代、スタイル、原語を、垣なく楽々と渡り、「響き」を求めて、どこまででも進んでいくかのようであった。

なんとも、頼もしく、美しく、軽やかで、華やかで、そして感動的であった。

私もこのままでは、頭でっかち、体ガチガチの口ばっかり「おばさん」になってしまう・・・・・・・・・・・・かも。

そんな危機感も、実は少々感じていたこの頃。私もフットワークを軽くして、思い切って合唱の世界に飛び込んで見ることにした。

メンバーとして歌わせて欲しいと、ご縁のある合唱団に頼み込んだのだ。
先方には迷惑なことだろうと思うけれど。

これが想像以上にきつい修行で、今まで何も知らなかった自分が恥ずかしくなる。また指導者としても、声のかけ方から指揮の振り方まで、指揮者の先生のすべてが勉強になる。

先日、その所属させてもらった合唱団に発表の場があり、初めての本番だった。暗譜が間に合わず・・・はじめから躓き気味だったけれど、Debrogoszの「Hallelujah,too」「Kirie」、指揮者である相澤直人先生の「ぜんぶ」、松下耕さんの「静かな雨の夜に」を歌った。

音程やバランスやタイミングなど、ソロの時には成り行き任せのところや、多少の癖は歌の味なり・・・みたいなところとか、気になりだしたら、自分の歌がとことん信用できなくなり、声を出すことの難しさと怖さを知った。

教えるより難しいよ・・・・・。
私が皆に要求していることを、実は自分でも出来ないよ・・・・・・・と、真実を知る経験なり。

しか~し、合唱にはお稽古があり、仲間がいるので、自分は信用できなくとも、指揮者と仲間を信じて思いっきり歌うことも学びました。

4月から、どんな授業ができるのか・・・・・少しはグレードアップしてたらいいな、と思う。
[PR]
by saori-kitamura | 2010-03-23 12:47 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(0)

嬉しい勘違い

火曜日はトナカイの出演日でした。同級生あやちゃん、同い年やすこさん、そしてまだ20才代半ばの若いテノールくんというメンバー。トナカイの美人秘書曰く、「熟女3人を相手に、カワイそうなテノール君。。。。」

やすこさんは、いつでも何を弾かれてもお上手だけど、歌曲伴奏も抜群なのが私にはありがたい。
ということで、シューマンを2曲も歌ってしまいました。

ほかにも、ツェルリーナ、アディーナ、ラウレッタ・・・と娘役ばかりを歌いました。

なので、この日はミディ丈のかわいいフワフワドレスを着ましたら、大層評判がよろしく、「熟女と若者」という懸念は払拭。

昔はこんなかわいいドレス、あんまり着たいと思いませんでしたし、娘役を歌いたいとも思わなかった。背も高いし、ガラじゃないですし、やっぱりみんなのイメージは「女王さま」ですしね~。割と高貴なお家柄のお嬢様を演じる方が好きでした。

でも、今はかわいいお洋服大好きである。あこがれは、やっぱり、せいこちゃんなのである。

あやちゃん曰く、「さおりちゃんのお顔はお姉さん顔だから、若い頃は大人っぽいって感じだったけれど、今が
年相応のお顔なんじゃない?」

ここだけ抜くと、それはどういう意味?って感じですが、前後の話から私の解釈したところによりますと、

それは、

今のあたしは、かわいいってこと!!!


お客様にも「かわいい!!」(注:お洋服)をたくさん言って貰えて、勝手に勘違いで、気分の良いひとときを過ごした、トナカイの夜でした。

4月の出演はお休み。5月はどうかな・・・・・・?
次はいつだかわかりませんけれど、よろしければ、次の出演日、岩本町まで「かわいい私」に会いにいらしてくださいませ。うふふ
[PR]
by saori-kitamura | 2010-03-11 15:38 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

母校 そして合唱

先週と昨日と、母校の中学校の合唱練習を指導に行った。数年前に60周年の記念式典でコンサートをさせて頂いたご縁からであるが、長女が1年に在籍しているということもある。

1年生の4クラスの授業を第2音楽室で行ったが、教育実習を思い出してしまった。。。。。。
20年前、この教室で2週間、やはり1年生を受け持った。短大だったので、まだ20歳の実習生。

上手く計画通りに授業を進められず、生徒とも仲良くできず、職員室でも、担当の先生はじめ、いろんな先生に叱られてばかり、他の大学から来ている4年生の実習生は大人に見えて・・・・・・・・。

授業中も、職員室も、指導に行った吹奏楽部も、夜のお酒の席も、何もかもが辛い試練の実習だった思い出。初めての大人社会経験でもあったわけだから。

まさか、またここで授業をすることがあるとは・・・・・・・・・・。

教員には向いていない!!無理!!!と心の底から思い知った実習であった。

この実習が、とっても楽しく成功の手ごたえのあるものだったら、今頃は違った人生だったに違いない。
少なくとも、藝大は受験していない。短大卒業後は何かしらの「指導者」として「就職」する道を模索したに違いない。

それで、実際の、いまどきの中学生達であるが、

合唱祭への取り組み意欲や、音楽への興味、体力や集中力、特に男子に関しては体格や声変わり・・・・様々に異なる生徒達に、一気に向かい合うのは大変なことであると痛感。

倍の年齢になっても、やっぱり中学の教員は向いていないなあ・・・と思い知る。

ひとりの保護者として学校や先生方を見るのとは、また違った見方ができた。が!
しかし、それがいくら大変なことでもあったも、やっぱり先生の影響力が大きい時期なのだ。先生方にはしっかり取り組んでもらいたい!!!と、いち保護者としての思いをさらに強くした経験でもありました。

娘に聞くと、「お母さんのテンション、超おもしろいね・・・」

という同級生の感想だったらしい。


そりゃ、喋り声からして、突き抜けちゃってますからね・・・・・・
ちょっと歌って見せると、ドン引き・・・といった感じのどよめきがおきまして・・・・・
指揮も、体も顔も声も、総動員ですし・・・・・

インパクトはあったでしょう。


果たして合唱祭のための練習になったかどうかは、かなり怪しいのですが。

その明日の合唱祭は市民会館の大舞台、今度は審査員として参加する予定である。1年生は、まだまだこんな調子であるが、3年生ともなると、どのクラスも立派で芸術性の高い、内容のある歌を聞かせてくれる。指揮ぶりもサマになり、指揮者賞も授与される。ピアノも大層難しい曲を立派に弾きこなす。1年生はこの3年生の本番の姿を見てから、開眼すると言う訳らしい。

子供っぽいのに、大人っぽい。いまどきの中学生。

明日の審査も責任重大である。
[PR]
by saori-kitamura | 2010-03-09 12:27 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

PUREHEART CONCERT

教え子たちのコンサート。
声楽のクラスの方もいるし、合唱のクラスの方もいるし、直接教えてはいない方もいるけれど、小さな学校ですから、みんな仲良し♪

お誘いのコメントは、学生から来たメールをそのまま転記します。
彼女達の歌声を聞けば
若いってすてきです・・・・・・・・・と、きっと思うことでしょう。


東京純心女子大学音楽部
PUREHEART CONCERT


日時:2010年 3月14日(日)
   17:00開場 17:30開演 入場無料

場所:カトリック八王子教会 

演奏:東京純心女子大学 音楽部
友情出演:お江戸コラリアーず

指揮:山脇卓也、米塚美菜子(学生)
オルガン:バーネット圭子、作山奈々(学生)
       
 Ⅰ.祈りの音楽
  ♪グレゴリオ聖歌
  ♪Alma Redemptoris Mater / 松下耕(合唱コンクール自由曲)
  ♪Ave Regina Coelorum / 松下耕(合唱コンクール自由曲)
        
 Ⅱ.オルガンとともに
  ♪Maria mater gratiae
  ♪Ave verum corpus
  ♪Tantumu ergo / Gabriel Faure
        
Ⅲ.混声の響き
  ♪IN MEMORIAM / Plakidis
  ♪鴎(オルガン付) / 木下牧子
        
Ⅳ.ぴゅあはーと愛唱歌集
   ♪グリンピースのうた/ 木下牧子
   ♪終わりのない海 / 松下耕  他


私たちの団は結成1年半、10人という少人数の新米合唱団ですが、
これまで多くの方々に応援、ご支援を頂いて
昨年は初のコンクール出場で全国大会銀賞を受賞することができました!

ホワイトデーということで、日頃の皆様への感謝の気持ちを歌に変えてお届けしたいという思いから
今回、演奏会を決めました**

お時間のある方、ぜひお越しください^^ お待ちしております!


お問い合わせは、きたむらまで。
[PR]
by saori-kitamura | 2010-03-02 10:10 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧