<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ドイツ歌曲勉強会

入場整理券が必要です。興味をお持ちの方はご連絡ください。

b0107771_20572735.jpg

[PR]
by saori-kitamura | 2010-04-27 20:58 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

iPhoneが・・・

昨日からずっと圏外。

原因がわからず、今日は1番にショップへ駆け込む。

まずはチップを交換してくれました。すると電波も戻り、安心して家に戻る。

家のパソコンでiTunesと同期。

すると、また圏外。なんで???

もう一度ショップへ行くと、前に新規のお客さんが3人続き、結局2時間近く待たされる。何も内職をもって行かなかったし、ネットも見れないので暇・暇・暇。

やっと順番が来て、今度はiPhone自体を交換。電波も戻る。

よしよしと家に帰り、同期・・・・・・・・・したら

圏外

どういうことよ~~~~~~!!

再びショップへ。

朝から対応してくれているお姉さん、これはもう機械の問題ではないので・・・・・・・・・お家のパソコンであれこれ試してもらうしか・・・・まずはアプリを削除して試してください。それでもダメなら・・・・・・・・あのですね~・・・・・。


それでもダメなら、なんなのさ~~~~~~言って見ろ~~!!!と思いながら、とりあえず家に戻り、いろいろ試すけれど、結局ダメ。



ほら~、それでもダメならの事態になっちゃったよ~、結局どうすればいいのよぉ~おねえさん!!

と、ひとり、毒吐きながら、仕方ない、こういうことですかね・・・・・と、最後の手段。

データは消えちゃうけれど、初期化して再出発。

一日、いえいえ昨夜から、すっかり振り回されました。でも、携帯使えないとやっぱり困るものね。

iphoneは、便利だけど、ご機嫌伺いが大変だわ~。前回はフリーズでショップに駆け込んだ・・・。

機械に弱い私なのよ、お願いだから困らせないでおくれよ~!!
[PR]
by saori-kitamura | 2010-04-25 22:31 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

羨むなかれ

先日、友人・知人たちにリサイタルのご案内のお手紙を書くのに、彼らのブログを拝見していたら、ムクムクとある感情に襲われて、もやもやした気分になってしまった。

ブログの内容は、どれも、楽しいお出かけの報告や、趣味の話や、日常のことで、仕事の話も軽くて、私みたいに妙に哲学まねっこ的な長い話もなくて、みんな、「へえ~いいね~」ぐらいの、まさにブログ的内容で、久しぶりにいろんな友の様子もわかり楽しかったのですが、、、、、


みんないいな~・・・・・・あたしも行ってみたいな~・・・・・・・・あたしもやってみたいな~・・・・あたしも食べてみたいな~・・・・・・・あたしも見たいなあ~・・・・・・

あたしにも声かけてくれればいいのに(行けないかもしれないけれど)・・・・・・・


そんな風に思い始めると、何もかも、誰もが羨ましく思えてくる。

特に独身の方や、お子さんのいない方の行動力は、当然私とは違うわけで、
しかも、私はこんな田舎の山に住んでいるわけですし、
仕事もボチボチの子育て真っ盛りですから、自由になるお金もありませんし。

といっても、映画を見たり、ランチに行ったりする時間ぐらいはあるし、こんな田舎でもちょっと車を走らせればそんなところへも行けるのです。

私が、自分で空いた時間をそういうことに使おうとしないだけで。

庭のめだか眺めたり、夢中になって一日中掃除してみたり、そうかと思えば、だら~っとソファーに寝転んでテレビ見たり、近所のスーパーで普段は買わないお高めの物をさんざん悩んで買ってみたり、そうやって、普通に時間を流してしまうことが好きなのは自分なんですよね。

夜のお芝居に行ってみたけりゃ、計画的に、さっさと昼間に夕飯の支度をして、子供達にはゴメンね!自分のことは自分でよろしくと!と伝えて行けばいいし、自分から仲間を誘ってランチに出かければいい。

実際、仕事のときは、夜だって、土日だって行けるんだから・・・・そうやって。

わかっちゃいるけど、たまに、羨ましい病の発作が起こるのが、人間ってものですよね。今までに、なんども、なんども、繰り返しては、「しょうがないじゃ~ん、馬鹿なこと考えてんじゃないよ~」の繰り返し。

仕事や演奏活動で、周りの人を羨ましいな~とは、あまり思わないんですけれどね、「見たい」「食べたい」「行きたい」の欲求が、たまに暴れます。

とは言え、お友達ママさんたちと比べれば、なんともグータラで、家事も子育ても、PTAや地域活動も、どれをとってもいい加減なダメ主婦で、十分に勝手気ままに出歩いている不良主婦なんですよね。

それに、逆にいろんなタイプの方に「羨ましい」と言っていただくことも多いわけで、羨ましがるのはお互い様ってことですね。

そんな自分を、たまにこうやって、頭も心も整理して、納得させるのも重要です。
[PR]
by saori-kitamura | 2010-04-20 13:40 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(1)

さくら

桜もいよいよ終わりですね。

こちらは都内より、かなり桜は遅かったのですが。

結局どこにもお花見は行かなかったけれど、それでも、毎日の中で、個人のお庭や、公園や、土手などの桜を眺めて楽しみました。

我が家の庭は、今は紫のシーズンです。木蓮はもう落ちてしまったけれど、紫の花でした。
今はムスカリが、勢いよく、茎をピーンと伸ばしています。
そして、すみれが一面に。色の薄い種類のすみれがほとんどですが、小さい色の濃いすみれもあります。
芝桜も咲いてきました。日当たりが悪いからか、ちょろちょろですが・・・・・・。

もう少しすると、雑草!!!の黄緑がきれいになり、それらが小さな花を付けます。

我が家は雑草も大歓迎です!!

ただ、草むしりをしないだけですが、一面に咲く様は、雑草でもなかなかキレイなものなのです。

そのほかに、クンシ蘭が咲き、去年の球根でチューリップが咲き、去年の株でビオラが咲き、小松菜の根っこを植えた菜の花が咲いています。もっと菜の花を咲かせたかったのですが、根っこがなかなか付かず、何度も枯れたり、腐らしたりで、なんだか今年は失敗でちょっとさびしい。

手入れはまったくしていない、我が家の庭ですが、みんな勝手に春が来たら顔を出し、春をちゃんと彩ります。

それから街路樹の根本に植わっているすずらんが若葉を出してきましたので、それも楽しみ。
[PR]
by saori-kitamura | 2010-04-14 11:24 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

新生活

夫が今年度から、三宅島に赴任となった。

1日、長女の演奏会から帰ると、夫は本庁での仕事をすませ、夜の出航のために早く帰宅していた。
布団などの主な荷物は、先日港まで運んで送ってあるが、船が三宅に入らないで、他の島に着くなどの緊急事態や、先発の荷物に手違いがあって届かなかった時のことを考え、手荷物もトランクにぎっちり持って行くことに。米などの食料も詰め込んで。

さ~、お風呂にも入って、ご飯を食べたらいよいよパパとお別れ・・・と、言う時に、欠航の知らせ。
こりゃ大変・・・と、本人は各方面に連絡でバタバタしていましたが、私はそれならば・・・・・っと、演奏会の保護者と先生の慰労会へGO!

その夜は春の嵐。これは船が出なくてよかった。

翌日の飛行機も飛ばなかったので、やっぱり夜の船に乗ることになって、無事翌朝三宅島に着いたと報告。

またまた、別々に暮らすことになるとは思いもよらなかったが、今度は私が家に残る番。
テレビの予約も出来ないし、ガソリンも入れたことないし、古新聞も上手に括れないし、電球も替えたことない・・・・・・・のに、2年間も大丈夫かな~~~~と、正直不安ですが、何とか頑張ってみます。

これから、くだらないことでお願いしたり、ご迷惑かけるかもしれませんが、どうか、大目に見て協力してやってください。よろしくお願いいたします。

それから・・・・・私の大好きな週末のワインが・・・・・・ひとりぼっちではさびしいです。だから遊びに来てください!!
[PR]
by saori-kitamura | 2010-04-04 19:17 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

新学期

4月になりました。新学期、新年度のはじまり。入学・進学・進級・昇級・昇進・などなどなど、おめでとうございます。

我が家では、大きな変化のある新年度が始まったわけですが、それは次にまわして、

まず、1日は長女の演奏会でした。私の恩師、田中先生の指揮のもと、フルートを吹くわが子の姿に感無量。

私が中1の時の初めての定演のことは、、市民会館だったのだけれど、実はあまり覚えていない。曲は結構難しいのをやったような・・・・・。二組とか、祝典序曲とか、春の猟犬とか・・・・・ん~でも、1年の時だったかな??

当日よりも、翌日の片倉城址公園での「野球大会」???の方がよく覚えている。当時、高校生のOBの先輩方は、入れ替わり立ち代り、毎日必ず誰か指導?に来ていて、定演はOBバンドのステージもあり、合同演奏もあった。先輩達とはとても仲が良かった。

田中先生もお子さんを連れて来ていたかな?

子供の記憶なんてそんなもんね。先輩達と遊んで楽しかったんだろうな~。

天気の良い日で、暑いぐらいの日で、その日の「北村先輩」もよく覚えている。

長女も、
あの曲のこの場面の、この音どうだった?
あの先輩のソロどうだった?
誰ちゃんの髪型どうだった?

というように、細かくいろいろ聞いてくるけれど、

たぶん、30年近く過ぎれば、当日の演奏より、今日先輩やお友達と行っているディズニーシーの方が、思い出に残っているのだろうな。
[PR]
by saori-kitamura | 2010-04-04 18:48 | あれこれ・・・ | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧