<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドイツ歌曲研究会

b0107771_19572358.jpg


今年はブラームスイヤーです!!
歌います。ぜひ心の奥深くを揺さぶるようなブラームスの世界をお聞き下さい。
チケットのお問い合わせは私まで。

2013年10月4日(金)
ドイツ歌曲研究会主催 コンサート
~ ブラームスの夕べ ~
津田ホール  19時 開演 (開場18時30分)  チケット 4000円

出演者
杉下友季子  荒木聡子  近藤悦子  中谷美恵子  森川朋子
北村さおり  佐藤信子  稲葉美和子  中川俊宏  田口久仁子
ピアノ: 赤塚太郎  志茂貴子  中山真理

プログラム
杉下友季子   Zigeunerlieder Op.103より 1-7,11
Pf:志茂貴子
  
    
荒木聡子    Meine Lieder  Op.106-4
Pf:赤塚太郎 Abenddämmerung  Op.49-5
        Eine gute, gute Nacht  Op.59-6
  
    
近藤悦子   Liebestreu  Op.3-1
Pf:志茂貴子 Alte Liebe  Op.72-1
        Meine Liebe ist Grün  Op.63-5
 
    
中谷美恵子    An ein Veilchen  Op.49-2
Pf:赤塚太郎    Mädcenlied  Op.107-5
         O wüsst' ich doch den Weg zurück  Op,63-8
 
    
森川朋子   Von ewiger Liebe  Op.43-1
Pf:赤塚太郎 Der Tot ,das ist die kühle Nacht  Op.96-1
 
  
北村さおり    Wir wandelten  Op.96-2
Pf:赤塚太郎  Mädcenlied  Op.95-6
          Die Mainacht  Op.43-2
  
    
佐藤信子     Nachtigall  Op.97-1
Pf:中山真理  Über die Heide   Op.86-4
          An eine Äolsharfe  Op.19-5
  
    
稲葉美和子  Es Träumte mir  Op.19-5
Pf:中山真理  Ach wende diesen Blick  Op.57-4
        Unbewegte laue Luft  Op.57-8
  
    
中川俊宏    Im Waldeseinsamkeit  Op.85-6
Pf:志茂貴子   Sonntag  Op.47-3
        Dein blaues Auge  Op.59-8
        Meerfahrt  Op.96-4
  
    
田口久仁子    Vergebliches Ständchen  Op.84-4
Pf:志茂貴子  Am Sontagmorgen  Op.49-1
          Das Mädchen spricht Op,107-3
          Gehaimnis  Op.71-3  
[PR]
by saori-kitamura | 2013-09-22 20:03 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

二日目終了!

土曜日の昼公演も無事に終えました。
そして、夜公演は客席から応援!!

楽しい舞台でした。さっきまで自分が歌っていたのに、少し不思議な気分で観ていました。

C組の王子は出沼くん。
衣装もおそろいで、まるでディズニーの王子様のようではありませんか~~??

その後、舞台で記念撮影!!

ドイツ語のセリフはなかなか難しかった!でも、みんなで励ましあって、くじけそうになってもがんばって、がんばって、がんばり抜きました。だから、み~んな仲良しになりました!!

ああ、ほーんとコンスタンツェさんはお喋りさんでなくて良かったわ~。セリフは一番少なかったも~ん!

b0107771_19483514.jpg

b0107771_1948368.jpg

b0107771_19483740.jpg


こちらはGPで、私は普段の顔のまま衣装だけ着ています。
物足りない〜
[PR]
by saori-kitamura | 2013-09-22 19:44 | Trackback | Comments(0)

初日無事終了。

「後宮からの逃走」の初日を終えました。
緊張しました。
オペラ経験と言えば、夜の女王ばかりの私。
あちらは一発勝負の走り高跳びみたいな集中力が大事、あの一発が出なかったら、、、という恐怖との戦い。

しかし、今回はハイライトということもあって、次から次へと歌います。
しかも、カットした部分の気持ちも補いながら歌いたいと思うので、内容が凝縮された濃い濃い歌を歌い続けます。

ちょっとリートのリサイタルにも似てるなぁ、、、と逆に思いました。オペラをやって来なかったからと言って、勉強が滞っていたわけではない、、、ちゃんと私なりに歌を歌えているぞ!と、手応え感じる舞台でした。

共演者にも恵まれました。
若い恋人、ベルモンテ役の佐々木洋平さんは、美しい声と、ほとばしる音楽性、、、聞く人すべてをハートマークにしてしまう魔法を持っている人だと思いました。
私もその魔法にかかって、オペラのクライマックスである、あつーいデュエットを歌う事ができました。もう、集中力の限界、朦朧としながらも、歌の世界から落ちることなく、気持ちを繋ぎとめてくれたベルモンテに感謝。

佐々木さんとは、来年8月のカーリ・アミーチ公演「ランメルモールのルチア」ハイライトでも、ご一緒して頂く予定です。八王子の皆さん!楽しみにしていてくださいね。


そして、今日は、また新たな恋人と愛を歌って来ます。まさにイケメン王子様のベルモンテ様。
衣装も変わり、初日とはまた違う恋人たちを演じます。
きょうの私は少女マンガの女の子の様に、おめめキラキラ!

宝塚の舞台の様な夢の舞台を作ります。

きょうの舞台も、素敵な報告ができる様にがんばります!

お楽しみに〜!

b0107771_10224925.jpg

b0107771_10225319.jpg


ベルモンテ佐々木洋平さん
ブロンデの小木曽鮎美ちゃん
オスミンの西拓也さん
[PR]
by saori-kitamura | 2013-09-14 09:53 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

いよいよ今日から開幕です

なかなか更新できなくて申し訳ありません。
フェイスブックには、ちょくちょくと演奏活動以外の日常をアップしていますので、フェイスブックでリクエストして下さい。お待ちしています。
ただし、メッセージを必ずつけてくださいね。

さて、今日いよいよ「後宮からの・二つの・逃走」が始まります。
http://www.tiaa-jp.com/tiaa_opera/Serail2013/


先日、芸大の恩師、朝倉蒼生先生がお亡くなりになりました。
悲しくて、悲しくて・・・・・涙に明け暮れました。

先生が私の歌人生・・・いえ、歌だけではありません、人生すべてにおいて、目標であり、憧れであり、支えであったか、このブログでも、繰り返し書いてきました。その昔の文章を読むと、下手で支離滅裂、興奮気味の文章ではずかしい。でも、そうなってしまうほどの熱い気持ちが読み取れて、先生のお陰で歌を歌ってこれた、歌と共に生きている今の生活に感謝の気持ちで一杯になります。


今日歌います「後宮からの逃走」は、まだドイツ語に不慣れで、かなを振りつつ歌っていた頃より勉強を始めました。他にも、スメタナ「売られた花嫁」、ベートーヴェン「フィデリオ」のアリアなんかも・・・・。リートもどんどん宿題が出て、入学前はイタリア系の先生のもと勉強していた私は、もう不安だらけ。こんな難しい歌を歌えるのだろうかと、悩んだり、落ち込んだり。でも、先生は決して投げ出さないし、勉強できていなくても、叱ることなく黙々とレッスン時間に練習が続くだけ・・・・情けないやら、申し訳ないやら。


そんな時期から大事に歌ってきた「後宮からの逃走」。先日先生のご葬儀のために先輩後輩たちと連絡を取り合いました。私が「後宮」を勉強している同じ頃、大学院の先輩も「後宮」を勉強していたそうです。先生はこのオペラがお好きだったのかな。アリアは試験でも歌いました。難しかったです・・・。大学院を出て最初のコンサートでも先生のお勧めで後宮のアリアを歌いました。私にとって学生時代を共にし、成長を確認する指針のようなオペラでした。

そのオペラの舞台に立つ日が来るとは、、、、、。
朝倉先生との思い出を胸に、素敵な仲間たちと楽しく歌いたいと思います。

まだチケットのお申し込み受け付けています。
ご連絡お待ちしております。
saori_kitamura@hotmail.com


[PR]
by saori-kitamura | 2013-09-12 11:44 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

ソプラノ歌手 北村さおりの日常あれこれと音楽活動のご紹介。 


by saori-kitamura
プロフィールを見る
画像一覧