ニューイヤーコンサート

ニューイヤーコンサートとっても楽しく気持ち良く歌いました。
北とぴあ さくらホールはとっても歌いやすくて思い出も多いホール。
二期会研修所を終えた修了コンサートで歌ったり、合唱コンクールで歌ったり。
東京ニューシティ管弦楽団の皆さんも女性はカラードレス。
ヨハン・シュトラウスなどウィーンの華やかな曲の数々、
シャンパンがポンっと開いて、ピストルがパンパンと鳴り響き、
ゲストコンサートマスターの平澤仁さんは、まるで踊ってらっしゃるかのような優雅な弓さばき。
アンコール最後のラデッキーマーチではお客様の拍手も盛上がって、とてもハッピーなコンサートとなりました。


「メリー・ウィドー」より「ヴィリアの歌」
      「こうもり」より「チャールダッシュ」
           「魔笛」より「復讐の心は地獄のように」

3曲歌わせて頂きました。
ありがとうございました。
 とても嬉しい歌い初めとなりました。
今年も頑張ります!!


b0107771_17523141.jpg

b0107771_17523322.jpg

b0107771_17523521.jpg

b0107771_17523701.jpg
チラシもプログラムもとっても素敵で、華やかで、嬉しくなりました。
ピンクで、お花に彩られているプログラム何て滅多にありません。
それに、私のドレスの柄が使われているのです。すてき〜。



[PR]
トラックバックURL : https://saokita.exblog.jp/tb/28024121
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by saori-kitamura | 2018-01-21 17:51 | 演奏会で歌った後に・・ | Trackback | Comments(0)