カテゴリ:演奏会ご案内( 125 )

魔弾の射手 稽古場から

そして、稽古場最終日は、両組のエンヒェン、アガーテ、そして、ヴィオラのナオミ・ザイラーさんと。
b0107771_00375929.jpg


あれ?なんか違う?
そう、この日はカヴァーの皆さんも含めて、みんな交代で練習。初日組エンヒェンのあきこちゃんと練習。
b0107771_00380287.jpg


そして、そのあと、女子会!
まずはカフェにて。ずらーって並んで。
b0107771_00380696.jpg

b0107771_00380961.jpg

その後、スペイン料理屋さんでモリモリ食べて、お皿空っぽ。
b0107771_00381362.jpg

さあ、いよいよSitz Probe (オケ合わせ)。そして劇場入りして、場当たり、KHP(ピアノでの舞台通し稽古)、HP(オケでの舞台通し稽古、衣装メイク付きかな?)、GP(最終稽古)を経て、本番です。

うわー、あっという間です!


まだチケットございます。ご連絡くださいませ!


[PR]
by saori-kitamura | 2018-07-12 00:34 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

魔弾の射手 稽古場から

そして、主役マックス小貫さんはテノール!英雄なのか?と思いきや、良い奴だけど、気の弱いオトコ。それ故にアガーテはマックスの救世主の如く力強く母性本能を発揮!

b0107771_00314397.jpg

b0107771_00314701.jpg



そして、組のみんなが揃う稽古はこの日が最後。稽古打ち上げ!
カヴァー、アンダーの皆さん、演出助手の方々も参加して。
b0107771_00315277.jpg


[PR]
by saori-kitamura | 2018-07-12 00:31 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

皆さま、暑い日が続きますがお元気ですか?

大変な災害、目を疑う光景に心が痛みます。
被害に遭われた皆様に平安な日常が早く戻りますように。

そんな中でも稽古は続き、私達は私達の仕事に全力で向き合っています。

通し稽古終了直後の、やりきった感と悔しさ、汗だくな私達の様子をお届け致します!エンヒェンあやのちゃんも、ちょこっと登場!

この「魔弾の射手」は男ばっかり、男声の競演なのです。特に低音!
休憩時間も良いお声が稽古場に響いています。

普段はこの御三方が同じ舞台に乗ってるところなんか見れないでしょーってバス3人。
お父さんクーノーの伊藤さん、隠者さまの小鉄さん、悪魔に魂を売った男カスパル加藤さんのバス陣。


お父さん
b0107771_00261880.jpg

隠者さま
b0107771_00262229.jpg


実は元カレのカスパール
b0107771_00262640.jpg


領主さまオットカール藪内さんは、ちょい悪系渋い二枚目バリトン。

b0107771_00262997.jpg



農夫だけど射撃の腕もよく、歌もダンスもイケてる女子に人気のガキ大将キリアン杉浦さんのバリトン。
b0107771_00263313.jpg


つづく


[PR]
by saori-kitamura | 2018-07-12 00:16 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

立ち稽古始まりました

いよいよ、立ち稽古が始まりました。初日の様子。(二期会Twitterより)

女性陣は昼コマ、男性陣は夜コマで稽古でしたが・・・・夜には大和さんも参加で、男性陣のお顔は心なしか緩んでいるような?
明日はいよいよ終幕の稽古ですので、男性陣と合流です!!

これからは、お稽古の様子も紹介していきますね。



b0107771_15281631.jpg



アガーテ、エンヒェンの、本役ダブルキャスト、カヴァー、アンダーのみんなで。みんなで力を合わせ、それぞれが自分の役割の中で成長しながらも、公演の成功という一つの目標を目指して頑張りたいと思います!

b0107771_15282021.jpg


[PR]
by saori-kitamura | 2018-06-15 15:27 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)


b0107771_13470384.jpeg

ご近所コーラス、「そよかぜ」さん。
コンサートを開きます。

前回の10周年のコンサートから2年、、、更にバージョンアップしています。
平均年齢は上がる一方なはずなのに、どんどんお上手になるのは、やはり指導者が良いからでしょうか???っと、自画自賛!

稽古が毎回楽しみなのです。ちゃんと良い声出して歌えー! ハーモニー良く聞けー!詩の世界感をそれぞれ音楽のテクニックとして表現しろ! とか、厳しいことも難しいことも、私もよく分からないような音楽専門的な事も要求しますが、それぞれがそれぞれなりに応えながら良い歌を作っています。

ほんと、素晴らしいのです。
プログラムもなかなかに難しい曲に挑戦しています。

入場無料です。ぜひ、お越しください!



[PR]
by saori-kitamura | 2018-03-29 18:48 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

アグネスホテル東京 ランチタイムコンサート 第156回「~春うらら~」

日時:2018年3月14日(水) 12:00開場/12:30開演(30分)
会場:アグネスホテル東京・B1F アグネスホール
料金:無料(先着順・予約不要)

出演:北村さおり(ソプラノ)、笈沼甲子(ピアノ)


30分の無料コンサートです。
数ある春の歌の中から、ピアノが美しく、心がふんわりするような曲を選びました。「魔弾の射手」で務めますアガーテ役にもご期待頂けるよう、小さく可愛い日本の歌から、濃厚な後期ロマン派のドイツリートまで、30分の短い時間ですが、お喋りする間も惜しんで沢山歌います。
🌸どうぞ、神楽坂のステキなホテルで春のひと時をお過ごしくださいませ。

<プログラム(※予定)>

・トスティ:四月
・木下牧子:うぐいす
・シューベルト:ナイチンゲールに寄せて
・ツェムリンスキ:かわいいツバメさん〜
「トスカーナ地方の民謡によるワルツの歌」より

・木下牧子:風をみたひと

・アージェント:春「エリザベス王朝の6つの歌」より

・ブリテン:サリー・ガーデン
・R.シュトラウス:ばらのリボン
・相澤直人:ぜんぶ



詳しくはこちらもご覧ください。

オペラの散歩道(二期会のブログ)
http://www.nikikai21.net/blog/

アグネスホテル

[PR]
by saori-kitamura | 2018-03-09 15:46 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)






http://www.nikikai.net/lineup/freischutz2018/index.html

チケット販売が始まっております。

良いお席はお早めに!!

お申し込み、お問い合わせは下記アドレス、またはこのブログのメッセージに、お名前とご連絡先をお送りください。

cariamici.hachioji@gmail.com (カーリ・アミーチ)


お待ちしております。




b0107771_18301725.jpg

b0107771_18301902.jpg


[PR]
by saori-kitamura | 2018-02-13 11:28 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

そして、今年のメインイベントとなりますのは、こちら!!


「魔弾の射手」にアガーテ役で出演致します。

まだ先ですが、夏休みはじめの予定が重なる時ですので、ぜひ今から手帳に書き込んでおいて頂けましたら幸です!!

[PR]
by saori-kitamura | 2018-01-05 19:29 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

新年最初のコンサートはこちら。
オペレッタなど3曲ほど歌う予定です。
お近くの方は、ぜひ、おでかけ下さいませ!!


http://www.tnco.or.jp



[PR]
by saori-kitamura | 2018-01-05 19:24 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)

スペイン歌曲集

b0107771_12451918.png


http://www.wakaiensouka-project.com/pdf/171008.pdf




フーゴ・ヴォルフ

「スペイン歌曲集」


もともとはスペインの古い詩集なんです。それをハイゼとガイベルがドイツ語に訳して出版し、ヴォルフが曲を付けたと言うわけなんですが、ヴォルフという人は少々厄介な人で、子供の時も音楽学校を退学になったり、対人関係がニガテなのか、捻くれてるところがあったり、引きこもりだったり、世間からは「素人作曲家」なんて言われたりしていたんです。


思い入れが激しい人で、それは人物にも、作品にもなのですが、気に入った詩集があったら一気に大量に書くんです。だから、ひとつひとつの歌曲集が巨大。


演奏会では、曲を褒めると怒り出したそうです。演奏の前に詩を自ら朗読して、詩の素晴らしさを褒めないと機嫌が悪くなったそう。


巨大な詩人別の歌曲集の中で、連作歌曲として作曲されたものがあるのかないのか、、、。ゲーテ歌曲集では、ゲーテの作品ごとに取り出して演奏したりしますが。


そんな中で、翻訳もののイタリア歌曲集は歌曲集全曲を通して演奏できるボリュームで、原詩の性格もあるのですが、なんとなくストーリーが存在していることから、男女二人で全曲演奏する事も多い。


では、スペイン歌曲集は???

全曲演奏を想定していたか?

全曲演奏を想定はしてないけど、曲順には何かしらの意図があるのか?

はたまた、意図なく気が向いた順に並んでるのか?


これが、かなり昔の話ですが、わたしの大学院の論文テーマだったんです。


これは、実際に演奏してみなきゃ!


っとその時に思ってから、長らく時は過ぎ、、、


ようやく実現の機会がやって来ました!


ずいぶん時間が経ってしまっているのですが、

つまり、なかなかできない企画な訳です。



曲順を入れ替えて、新たにストーリーを演出して全曲を聴かせるCDもあり、演奏会もあるのですが!


今回は、あえてオリジナルの曲順で、世俗歌曲を全曲演奏いたします。


なにか、見えるかなぁ〜〜



私たちにの挑戦に、どうぞ立会いにいらしてくださいませ!



曲はドイツ歌曲でありますが、スペインの熱い愛を激しく情熱的に、泣いたり笑ったり歌いあげています。



お楽しみに!











[PR]
by saori-kitamura | 2017-09-04 12:39 | 演奏会ご案内 | Trackback | Comments(0)